Post

Prev   

あけおめ!

DSC_0166.jpg
DSC_0168.jpg
DSC_0174.jpg
読者の みなさま 

新年 明けましておめでとうございます

今年も 素晴らしき みなさまの心が健やかでありますよう 願っております 

DSC_0129_convert_20160619114306.jpg
初詣は 出雲大社だと思われていますが 本当はそうではありません


『古事記』の記述によれば 神産みにおいて伊弉諾尊(伊邪那岐命が黄泉の国から帰還し 
日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際に 鼻を濯いだ時に産まれたとする阿波岐原は江田神社のある宮崎市阿波岐原町に比定されています
『日本書紀』では伊弉諾尊と伊弉冉尊 伊邪那美命・いざなみの間に産まれ天照・月読・蛯児の次に当たります

統治領域は文献によって異なり 三貴神のうち天照大神は天 高天原 でありますが 
月読尊は天 滄海原または夜を 素戔嗚尊には夜の食国または海原を治めるように言われたとあり それぞれ異なります

素戔嗚尊は記述やエピソードが月読尊や蛯児と被る部分があります
建速須佐之男命はそれを断り 母神伊邪那美のいる根之堅洲国に行きたいと願い 
伊邪那岐の怒りを買って追放されてしまういます
そこで母の故地 出雲と伯耆の堺近辺の根の国へ向う前に姉の天照大神に別れの挨拶をしようと高天原へ上るがします

天照大神は弟が攻め入って来たのではと思い武装して応対し 二柱は疑いをはっきり究明するために誓約(うけひ)を行いました

我の潔白が誓約によって証明されたとして高天原に滞在する建速須佐之男命でしたが 居られることになると次々と粗暴を行い
 天照大神はかしこみて天の岩屋に隠れてしまいました 

そのため 彼は高天原を追放されました
出雲の鳥髪山へ降った建速須佐之男命は その地を荒らしていた巨大な怪物八岐大蛇 
八俣遠呂智への生贄にされそうになっていた美しい少女櫛名田比売(奇稲田姫・くしなだひめ)と出会います

建速須佐之男命は 櫛名田比売の姿形を歯の多い櫛に変えて髪に挿し 八俣遠呂智を退治します
そして八俣遠呂智の尾から出てきた草那芸之大刀 くさなぎのたち 紀・草薙剣)を天照御大神に献上し 
それが古代天皇の権威たる三種の神器の一つとなります

現在は 愛知県名古屋市の熱田神宮の御神体となっています
その後 櫛から元に戻した櫛名田比売を妻として 出雲の根之堅洲国にある須賀の地 
現在の中国・山陰地方にある島根県安来市)へ行きそこに留まりました


は多彩な性格を有しています
母の国へ行きたいと言って泣き叫ぶ子供のような一面があるかと思えば 高天原では凶暴な一面を見せます
出雲へ降りると一転して英雄的な性格となります
八岐大蛇退治の英雄譚は優秀な産鉄民を平定した象徴と見る説も根強く 草薙剣の取得はその象徴であるとの解釈も多いのです

しかし 日本初の和歌を詠んだり 木の用途を定めたりなど文化英雄的な側面もあります
これは多数の伝承をまとめて一つの話にしたためとする説もあります

神名の「スサ」は 荒れすさぶの意として嵐の神 暴風雨の神とする説や 
高天原でのスサノヲの行いは暴風雨の被害を示すとする「進む」と同根で勢いのままに事を行うの意とする説もあります

出雲西部の神戸川中流にある須佐 飯石郡須佐郷に因むとする説スサノヲは須佐郷の族長を神格化したものとしています
州砂 =砂鉄 の王という説から たたら製鉄の盛んであった意宇郡の首長とする説などがあるのです

みなさまも スタジオジブリの”もののけ姫”で 良くご存知ですね

『記紀』神話においては出雲の神の祖神として書かれているスサノヲであります
『出雲国風土記』では彼はあまり登場せず 意宇郡安来郷や飯石郡須佐郷などの地名制定や御子神たちの説話が書かれており
八岐大蛇退治の説話は記載されていません
そのため元々は別の地方の神ではないかとする説もあります

出雲国 現:島根県 東部の奥出雲町にはスサノヲが降臨したといわれる鳥髪峰 
それに隣接する安来市は彼が地名をつけたという風土記の記述もあります

また 前述の通り八岐大蛇退治は産鉄民の平定を象徴すると見る説がありますが 
これらの地域はアマテラスへの献上の草那芸の大刀 大国主命への譲渡した生大刀など
日本刀の源流とされる神話があり 古代よりたたら製鉄が盛んだった流れから
現在でも島根県安来市には日立金属安来工場や冶金研究所などが日本刀剣美術協会ととも
にこの地域で古式にのっとったたたら製鋼を行うことでも有名です

後に 仏教における祇園精舎の守護神である牛頭天王と習合しまssっした
これは どちらも荒神だからであるとする説がありますが 他の解釈も多いです

オーストリアの民族学者アレクサンダー・スラヴィクは 
「根之国に追われた後のスサノオが蓑と笠を着て神々に宿を頼んだことを解釈して
蓑と笠は本来神聖な「祭祀的来訪者」が着ることを許されるのであり 
スサノオはそのような来訪者として神々に宿を貸すように強制し客人歓待の慣習を要求したのである」と考えています
tennou1-b.gif
これが 私のご先祖さまとなります



ただの 人間だったのです!!!

新年早々 長々と雅な世界へと誘いまして 申し訳ありませんでした~

今年も どうぞよろしくお願い致します




風 蘭



ブログランキング・にほんブログ村へ





もう一つの OneNote

関連記事

Post Comment

  
非公開コメント