Post

Prev   

リピート致します ”そして彼女は震源地へ” 関東地区にお住いの方々へ

DSC_0098_convert_20161113002035.jpg





激しい揺れにより、鳥取市の中心部は壊滅し、古い町並みは全て失われてしまった。木造家屋のほぼ全てが倒壊した一方で、五臓円薬局ビルなど鉄筋コンクリートの建物は比較的持ちこたえた。家屋の全壊率は80%を超え、特に千代川と袋川流域の沖積地質の地域での被害が突出していたが、これは湿気によって家屋の土台が腐っていたためとされている。
夕食の準備中だったこともあり、地震後には、市内16ヶ所から出火。水道管が破裂するという悪条件であったが、地震前に降雨があり湿度が約90%と高かった事と倒壊した家屋が破壊消防の防火帯の役目を果たした事などにより、市民のバケツリレーでも容易に延焼を食い止める事ができ大火にはならなかった。
また、地震の影響による液状化現象も見られた地域も存在し、山陰本線や因美線といった鉄道もこの被害を受けたため、長期間にわたって鉄道が不通になった。この他にも電話をはじめとする通信や道路も大きな被害を受け、梨などの農産物への被害も甚大であった。
岩美郡岩美町荒金の荒金鉱山では、この地震により鉱泥を貯めていた堰堤が決壊して直下にあった朝鮮人労働者の宿舎や荒金集落を襲い、朝鮮人労働者やその家族・地元住民ら65人が犠牲となった。
被害総額は1億6,000万円(当時)で、戦時体制下であったため戦地へ出征している男性が多く、死者の約65%(1,083名のうち 702名)が女性であった。なお、死者の中には歌舞伎役者の6代目大谷友右衛門がいた。



15590403_205396013254113_7115765087410151261_n - コピー






地震による揺れは、阪神間および淡路島の一部に震度7の激震が適用されたほか、東は小名浜(福島県いわき市)、西は長崎県佐世保市、北は新潟県新潟市、南は鹿児島県鹿児島市までの広い範囲で有感(震度1以上)となった。
戦後に発生した地震では、1946年(昭和21年)の南海地震や1948年(昭和23年)の福井地震を大きく上回り、当時の地震災害としては戦後最大規模の被害を出した。被害の特徴としては、都市の直下で起こった地震による災害であるということが挙げられる。日本での都市型震災としては、大都市を直撃した1944年(昭和19年)の昭和東南海地震以来となる。
福井地震を契機として新設された「震度7」が適用された初めての事例であり、実地検分(担当者による現地調査)によって震度7が適用された最初の事例であった(2004年の新潟県中越地震や2011年の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)、2016年の熊本地震における震度7の観測は、震度計によって実測されたものである)。
キラーパルスを伴った地震動は、数値上でも当時最大級のものとして記録され、10秒以上続いた地域もあった(ただし、その後の地震では兵庫県南部地震を超える地震動が観測されている)。神戸海洋気象台(現・神戸地方気象台)では、最大加速度818ガル[1]、最大速度105カイン、最大変位27cmの地震動が襲ったと分析されている[要出典]。これらは、釧路沖地震(922ガル、67カイン、変位93cm)、ノースリッジ地震(約800ガル、128カイン)に匹敵するものである。六甲アイランドの地震計では縦揺れ507ガルが記録された(日本で過去最大は2008年(平成20年)6月に一関市で観測された4022ガルである[


15589934_207194463074268_7737140828032589341_n.jpg





2011年(平成23年)3月11日(金曜日)14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島の東南東沖130km、仙台市の東方沖70kmの太平洋の海底を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生した。地震の規模はモーメントマグニチュード (Mw) 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震である。震源は広大で、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200キロメートルのおよそ10万km2という広範囲全てが震源域とされる。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測した

この地震により、場所によっては波高10m以上、最大遡上高40.1mにも上る巨大な津波が発生し、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害が発生した[40][41]。また、巨大津波以外にも、地震の揺れや液状化現象、地盤沈下、ダムの決壊などによって、北海道南岸から東北を経て東京湾を含む関東南部に至る広大な範囲で被害が発生し、各種インフラ(人々の生活に必須な、いわゆるライフライン)が寸断された。
2016年(平成28年)3月10日時点で、震災による死者・行方不明者は18,455人(震災関連死を除く)、建築物の全壊・半壊は合わせて400,326戸[42]が公式に確認されている。震災発生直後のピーク時においては避難者は40万人以上、停電世帯は800万戸以上[43]、断水世帯は180万戸以上[44]等の数値が報告されている。復興庁によると、2016年2月12日時点の避難者等の数は174,471人となっており[45]、避難が長期化していることが特徴的である。


津波による浸水面積 - 561km2
津波被害農地 - 21,476ha(宮城14,341、福島5,462、岩手725等)
漁船被害 - 28,612隻
漁港被害 - 319港[要出典]
日本政府は震災による直接的な被害額を16兆円から25兆円と試算している[48]。この額は、被害が大きかった岩手・宮城・福島の3県の県内総生産の合計に匹敵する(阪神・淡路大震災では兵庫県1県の県内総生産の半分ほどであった)。
世界銀行の推計では、自然災害による経済損失額としては史上1位としている。

死傷者[編集]
「東日本大震災における死者・行方不明者の推移」も参照
平成23年東北地方太平洋沖地震による都道府県別死者・行方不明者数(2011年7月17日現在)
都道府県別で犠牲者数が最多だった宮城県では火葬の限界を超えたため、仮埋葬(一時的な土葬)が行われた。

警察庁は、2016年(平成28年)3月10日、死者は15,894人、重軽傷者は6,152人、警察に届出があった行方不明者は2,561人であると発表している(ただし未確認情報を含む。
余震によるものを含む)。日本国内で起きた自然災害で死者・行方不明者の合計が1万人を超えたのは戦後初めてであり、
明治以降でも関東大震災、明治三陸地震に次ぐ被害規模であった。岩手・宮城・福島の3県を中心に、1都1道10県で死者・行方不明者が、また1都1道18県で負傷者が発生した。
人的被害

(2016年3月10日 時点)
都道府県 死亡 行方不明 負傷 計
合計 15,894 2,561 6,152 24,607
北海道 1 - 3 4
青森県 3 1 112 116
岩手県 4,673 1,124 213 6,010
宮城県 9,541 1,236 4,145 14,922
秋田県 - - 11 11
山形県 2 - 29 31
福島県 1,613 197 183 1,993
茨城県 24 1 712 737
栃木県 4 - 133 137
群馬県 1 - 42 43
埼玉県 - - 45 45
千葉県 21 2 258 281
東京都 7 - 117 124
神奈川県 4 - 138 142
新潟県 - - 3 3
山梨県 - - 2 2
長野県 - - 1 1
静岡県 - - 3 3
三重県 - - 1 1
高知県 - - 1 1
死者の内訳と死因[編集]
警察庁は2012年3月11日までに、岩手県・宮城県・福島県で検死された15,786人の詳細を発表した。
年齢
0 ‐ 9歳:2.95%(496体)
10 ‐19歳:2.65%(419体)
20 ‐29歳:3.26%(515体)
30 ‐39歳:5.37%(847体)
40 ‐49歳:7.07%(1,116体)
50 ‐59歳:11.93%(1,883体)
60 ‐69歳:18.66%(2,945体)
70 ‐79歳:23.81%(3,759体)
80歳以上:21.42%(3,381体)
年齢不詳:2.48%(392体)
男【7,360体 (46.62%)】女【8,363体 (52.98%)】性別不詳【63体 (0.40%)】
死因
溺死:90.64%(14,308体)
圧死・損傷死・その他:4.23%(667体)
焼死:0.92%(145体)
不詳:4.22%(666体)

この震災での犠牲者の死因のほとんどが、津波に巻き込まれたことによる水死であった。
津波の中には、大量の砂や海底のヘドロ、港湾施設の重油などの有害物質などが含まれていた。砂が肺に入れば気管を詰まらせ、有害物質が肺に入れば身体を侵す。
水死に至る経緯は、これらで呼吸困難になったり、がれきが当たり意識を失ったり、3月の雪の舞う中で低体温を伴ってなど、さまざまな経緯もあったと考えられる。
圧死・損傷死・焼死も、ほとんどが津波によるがれきが要因となっている。

建造物の倒壊や土砂崩れ、天井の非構造部材の落下、高所からの落下など、地震の揺れそのものが原因による犠牲者は、福島県36人・茨城県18人・宮城県13人・東京都7人など、分かっているだけで90人に上る。
171人死者に計上をせず。。頭部未発見のために死者に計上をされていない人が171人に上る。

静岡大学防災総合センターは、津波の浸水範囲の居住者数に対する死者・行方不明者数の割合をまとめ、明治三陸地震と比較した。
それによると、最大は宮城県女川町の11.97%、次いで岩手県の大槌町と陸前高田市でともに11.72%となった。
明治三陸地震については浸水域ではなく市町村の人口に対する犠牲者の割合を出したが、岩手県釜石市で約50%になるなど11市町村で15%を超えていて、今回の津波では防災対策に一定の効果があった可能性がある。

震災関連死[編集]

東日本大震災では避難所の不衛生や寒さなどが原因で、避難後に死亡する例(震災関連死)が高齢者を中心に相次いでいる。
復興庁では震災関連死の死者を「東日本大震災による負傷の悪化などにより死亡し、災害弔慰金の支給等に関する法律に基づき、当該災害弔慰金の支給対象となった者」と定義している。

復興庁によると、2016年3月末時点での集計で3,472人(福島県2,038人、宮城県920人、岩手県459人など)が震災関連死に認定されている。
死亡した時期別にみると、震災発生から1週間以内は469人、8日後以降1カ月以内は733人、2ヶ月目以降1年以内は1,569人で、5年目でも36人いる。
福島県内の震災関連死による死者数は地震や津波による直接死者数を上回っている。
福島県の震災関連死の大部分は、原発事故の避難の影響で体調が悪化するなどして死亡した「原発関連死」とみられ、東京新聞の2016年3月時点での集計によると、福島県内の少なくとも1368人が原発関連死であった。

原子力発電所事故[編集]

原子力事故の収束に向けた作業が続く福島第一原子力発電所(2011年4月13日、福島県双葉郡)
地震から約1時間後に遡上高14 - 15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1-5号機で全交流電源を喪失。
原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生。

大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展した(→福島第一原子力発電所事故)。
この事故は国際原子力事象評価尺度で最悪のレベル7、チェルノブイリ原子力発電所事故と同等に位置付けられている。
同原発の立地する福島県浜通り地方を中心に、周辺一帯の福島県住民の避難は長期化するとともに、2012年からは「帰還困難区域」「居住制限区域」も設定された(→福島第一原子力発電所事故の影響)。

その他に火力発電所等でも損害が出たため、東京電力の管轄する関東地方は深刻な電力不足に陥り、震災直後の一時期には日本国内では65年ぶりに計画停電が実施された]。
計画停電は東北電力管内でも震災直後に実施されたほか、翌2012年の夏前には関西電力管内でも大飯発電所(大飯原発)の再稼働を巡って論議が起き、計画停電の可能性が議論された。

東日本大震災被災地には、福島第一のほか、以下の原子力発電所があった。
いずれも結果的に重大な原子力災害には至らなかったが、外部電源喪失、非常用発電機の破損、原子炉冷却用海水ポンプ[61]の破損など、重大な原子力災害一歩手前に追い込まれる発電所もあった。
このうち福島第二原子力発電所では、第一原発と同様に冷却機能を喪失し、10条通報、原子力緊急事態宣言発令に至った。


東海第二原子力発電所(茨城県東海村)
福島第二原子力発電所(福島県富岡町・楢葉町)
女川原子力発電所(宮城県女川町)
東通原子力発電所(青森県東通村)




15589575_207186079741773_4110004584197498576_n.jpg








鳥取県中部で震度6弱を観測した地震から1日がたった。被害の状況が明らかになる中、被災地では課題も浮彫になってきている。
 震度6弱の地震から一夜があけた鳥取・倉吉市。市内の観光名所「白壁土蔵群」は無残な姿をさらしていた。
鳥取県内では地震のあと約3000人が避難所で不安な一夜を明かしている。

 避難者「家だと怖いです。ここの方が寝ることができます。ちょっとゆっくり休みました、何時間かは」

 被災地では、まだ断水の続いているところがあり、朝から水を求める長い列が。そして市役所には、ブルーシートを求める人が行列をつくっていた。
ブルーシートを受け取りに来た人「屋根の瓦が落ちてしまって、雨が降ると大変だなと思って」

 住宅の被害は200棟以上で、配られたブルーシートは屋根の応急処置に使われる。ブルーシートを扱うホームセンターも、被災しながらの営業。多くの人たちが買いに訪れていたが──

 ブルーシートを買いに来た人「(Q:ご自身でブルーシートをはる作業を?)いえいえ、あちこち電話してるけど、どこもいっぱいで順番がきません」

 そして収穫間近だった梨など、農業被害も明らかになってきた。

 梨農家「せっかくつくったものが被害を受けて、自然相手なので仕方ないです」

 こうした中、被災者への支援の動きが広がっている。倉吉市の上灘公民館では、ボランティア受け入れに向けた準備が進められていた。住宅の損壊具合について調査も始まっている。

 しかしこれまでに体に感じる地震は体に感じる地震は150回以上。
まだ同じ震度6弱程度の地震が発生する可能性があり、強い揺れに警戒が必要です。



15590417_208352472958467_6096720481514924665_n - コピー





西から東への歪みであり その圧力は蓄積されています

その集約地点は南海トラフト

沈み込みの運動をしている海洋プレートで巨大地震が発生します
このようなタイプの地震を海洋プレート内地震あるいはプレート内地震と呼ぶ。

単にプレート内地震と呼ぶときはほとんどの場合このタイプを指し、大陸プレート内地震は含まれない。
プレート間地震と合わせて海溝型地震と呼ぶこともある。海洋プレートにおける地震は大きく以下の2種類に分けられる。
「沈み込んだ海洋プレート」では震源が深くなる傾向にあり、「これから沈み込む海洋プレート」では浅くなることが多い。


沈み込んだ海洋プレート内(スラブ内)で起こる地震

海溝を経て大陸プレートの下にもぐりこんだ海洋プレートは、マントルの中を沈み込んでいる途中で割れたり、地下深部でスタグナントスラブとなって大きく反り返って割れたりして、
地震を発生させることがある。海洋プレートが沈み込んだ部分であるスラブ(板=プレート)の中で発生するので、スラブ内地震と呼ばれる。また、震源が深いことから深発地震とも呼ばれる。

一般に震源が深く、したがって震源と震央の距離は長い場合が多いにもかかわらず、規模が大きなものは被害としては侮れない。
また深い分、広範で最大震度に近い揺れに見舞われることにもなる。
地震波の伝わりやすさは、プレートの位置関係やマントルの深さなどでそれぞれ異なるため、震源から離れた場所で揺れが大きくなる異常震域が発生しやすいのも特徴である。

20世紀末以降の例では、1987年12月の千葉県東方沖地震(M6.7、深さ50km、最大震度5)、1992年2月の浦賀水道の地震(M5.7、深さ92km、最大震度5)、1993年1月の釧路沖地震(M7.5、深さ101km、最大震度6)や
2003年5月の宮城県沖の地震(M7.1、深さ72km、最大震度6弱)のような被害事例が見られる。


福島県沖や茨城県沖で頻繁に発生する地震のほか、2001年3月の芸予地震、2015年5月30日小笠原諸島西方沖地682kmで起きたM8.1の地震もこのタイプである。

これから沈み込む海洋プレート内(アウターライズ)で起こる地震

海洋プレートが陸地側に潜り込んだ歪みを解消するため陸地側プレートが反発した時に、プレート境界型地震が起こる。
歪みはこれから沈み込む海洋プレート側(海溝よりも更に沖側)にもたまっており、海底が隆起している場合がある(アウターライズ・海溝上縁隆起帯)。

この歪みはプレート境界型地震の発生によって解消されるとは限らず、プレート境界型地震の前後などに、解消されなかった歪みによってずれや割れが生じ、地震を発生させることがある。
アウターライズ(海溝上縁隆起帯)で発生するため、主にアウターライズ地震と呼称される(なお、こちらもスラブ内地震とする場合がある)。

一般に反り返った先のもっとも高い(浅い)場所が張力を受けて破壊される正断層型の地震が多い。
これとは逆に震源が深い場合は圧力が働き逆断層型となる。遠方の海域で発生するため、陸地において地震の揺れそのものによる被害は少ないことがほとんどであるが、
M8を超える地震がしばしば発生し、押し波から始まる津波[36]により海溝型地震に匹敵する津波災害を引き起こすことがある。

このため、津波地震と同様に地震発生直後の避難が遅れて被害が拡大する恐れがある。また、大きなプレート境界型地震の後に発生する場合もあることから警戒を要するものである。

1933年の昭和三陸地震(M8.1、1896年・M8.2の明治三陸地震の37年後)、2007年千島列島沖地震(M8.2、M7.9の2006年千島列島沖地震の2か月後)、2012年のスマトラ島沖地震(M8.6、M9.1の2004年のスマトラ島沖地震の8年後)などの例がある。
この他、2011年に発生した東北地方太平洋沖地震の余震としてもこのタイプの地震が発生している。

【死者33万人!?】 「南海トラフ地震」最悪のパターンと発生時期!備えも


死者 15894人(水死約91%)
行方不明者 2561人
重軽傷者 6152人


南海トラフ

四国~静岡県の南の海底にある水深4,000m級の深い溝のこと。
北西のフィリピン海プレートと大陸側のユーラシアプレートが衝突して下に沈み込んでいる沈み込み帯で、非常に活発かつ大規模な地震発生帯。
2014年中に起こるという予想が東京大学の地震予知学の権威である村田教授によって出されていたが、実際はM5級の地震が予想地域近辺で発生したのに止まった。それ以降はこれといって目立った地震や予兆は確認されていない。
現時点では、発生時期は数年後から数十年後くらいになると思われているが、はっきりとは言えない。

2016年4月の熊本地震が南海トラフ地震と関係がある

2016年4月17日から立て続けに熊本で発生した大地震を受け、海上保安庁は南海トラフ周辺に大きな海底の動きが観測されていることを発表した。
これは「ひずみ(地震を引き起こすエネルギーがたまっている状態)」が大きいことを表している。このひずみは南海トラフ地震の前兆であるとする見方が強い。

そして今回の鳥取県中部で震度6弱を観測した活断層以外での圧力による東への更なるエネルギーの突発地震

このひずみは2006年から2015年の間で観測されたもので、最近になって現れたものではない。



南海トラフ 四国沖などに「ひずみ」 想定以上に大きいものも

南海トラフ巨大地震を引き起こす「ひずみ」の分布図を海上保安庁が作製した。想定以上の大きなひずみも確認されたという。



15319105_198607900599591_5869942120641633187_n.jpg





死者想定
ここで、政府が発表している最悪の被害想定

"M9クラスの地震が発生する"

現在は想定がより上方修正され、新聞記事とは異なり、予想死者は"40万人以上"となります。

最大マグニチュード9.1を想定

南海トラフでは、過去約100~150年の間隔でマグニチュード(M)8前後の地震が繰り返し起きてきた。
東日本大震災を受けて国は「1000年に1度クラスの"考えうる"最大級」を対象に被害想定の見直しに着手。
そのため、東日本大震災の東北地方太平洋沖地震と同様のM9.1の地震が起きた場合を想定している。

近畿南部だけじゃない 近畿のほぼ全域で震度6以上の大地震が

M9クラスの南海トラフ地震が発生すると、静岡や高知などでは震度7 大阪府では震度6強 京都府や福岡県、兵庫県でも震度6弱の地震が観測されると考えられています。
阪神淡路大震災のときは、京都府や大阪府は震度5弱、東日本大震災のときの近畿地方の震度はおよそ2です。
あれ以上の激しい揺れが襲うこととなります。

最大で死者32万3千人~45万人、倒壊家屋万6千棟
この死者数は東日本大震災の20倍近い数字で、2003年の被害想定の13倍。
2004年スマトラ島沖地震の死者・行方不明者数の約28万人を上回り、近年の災害史上最悪の大惨事となります。
死者が最大となる県は静岡県。ここでは、最大10万9000人が死亡するというデータが出ています。大半が津波によるもので、10万9000人というと、静岡県民の35人に1人が亡くなる計算です。

地震発生翌日に430万人が避難所へ避難、270万人が親族・知人宅などへ避難
被災地域周辺の道路の激しい混雑や渋滞が予想されます。これによる物資の配送にも多大な影響が出る可能性があります。
最大3440万人が断水、最大2710万軒が停電、電話は最大930万回線が不通になる
水道は、上水道で3210万人・下水道で3210万人が断水の被害にあいます。電気は2710万件(約3000万人以上)で停電となり、電話は930万回線が不通となります。

津波の高さは最大32メートル、太平洋側の広い地域で数メートルの津波が襲う
中部から九州までの空港は津波で浸水します。東京でも数メートルの津波が襲うとされ、
海抜0メートル地帯が広がる関東では、死者が数千人に上る可能性があります。
高知県、静岡県では数十メートル規模の津波が襲い、堤防を越えて海水は住宅地に侵入、
多くの家屋が浸水し、多数の死者が出る可能性があります。

最大2万3千人ほどがエレベーターに閉じ込められる

コンビナート施設では、原料等の流出が最大で約60施設、破損などが約890施設
経済被害220兆3000億円
南海トラフ巨大地震では、工業出荷額が日本全体の3分の2に達する「太平洋ベルト地帯」に被害が及び、多大な経済的被害が出るとされています。
220兆3000億円とは、日本のGDP(国内総生産)の42%を占め、東日本大震災(およそ16~25兆円)の10倍以上です。
また、東日本大震災では復興予算に23兆円割かれており、南海トラフ地震でも経済被害と同規模の復興資金が必要となる可能性がある。
また、この被害額試算には、33万もの人の将来的な経済効果の喪失分が含まれていない。
実際には長期的かつさらに莫大な被害が出ると考えられる。

地震発生1週間で食料9600万食、飲料水1億4500万リットルが不足、避難所生活者は500万人に上る
家庭での備蓄分と公的備蓄で食料が6340万食・飲料水は13億3000万リットルありますが、
それでも約1万食・1.5億リットル足りなくなると思われています。場合によっては闘争や餓死にもつながります。

廃棄物は2億5000万トン
これは東日本大震災の約12倍という、とてつもない数字です。東日本大震災瓦礫の処理が問題となっていますが、この量の瓦礫処理はもはや不可能に近いです。

南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ



15672663_208909032902811_65848616635146106_n.jpg


南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ 地震・津波対策南海トラフ巨大地震対策南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ 防災対策推進検討会議 南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ 項目をクリックするとご覧になれます。
政府の南海トラフ地震の想定を見ることができます。
しかし!この程度では済まないとする声が殆どです。

火災旋風

火災旋風
死者だけではない 膨大な数の「負傷者」
南海トラフ地震での負傷者は、62万人と想定されています。
これだけの人が短期間で集中的に病院に詰めかければ、被災地域のほとんどの病院は収容人数の限界に達します。
負傷者の中に医療スタッフが含まれると、負傷者の治療に時間を要したり、救える命も救えなくなってしまいます。
衛生環境も劣悪なものになり、さらに産業や経済も停止してしまうため、膨大な数の負傷者は莫大な損害を発生させます。

「クラッシュ症候群」
クラッシュ症候群とは、家具の下敷きになったりして体の一部が長時間圧迫されてその部分が壊死し、そこから脱出できたあと、
壊死した細胞から分泌される乳酸などによって周辺が壊死したり、その乳酸が全身にまわって臓器が停止してしまったりする症候のことです。
阪神淡路大震災の際は400人が発症、50人が死亡したと言われています。
南海トラフ地震では強い揺れがかなり広範囲を襲う可能性があり(京都でも震度6強)、クラッシュ症候群によって数千人の人が亡くなる可能性も考えなければなりません。
地震が起きたらすぐに机の下に隠れるようにしてください。

火災旋風の恐怖
広範囲で火災があった場合、その上昇気流によって何十倍も凄い炎の渦が生まれることがあります。
今回の南海トラフ地震によって強く揺れる範囲には、愛知県などの高層ビル群のある地域があります。
ビルの間から吹き抜けるビル風によって、火災旋風がより強力となり、高層ビルでも被害が出る可能性があります。
昔の関東大震災の際、池に逃げ込んだ2万人もの人が、全員火災旋風によって焼け死んだ、ということがありました。

余震と誘発地震の危険性
余震の最大想定震度は6強で、津波がまた襲う可能性もあります。余震による被害も大きいとみられています。
しかし、余震だけではありません。広範囲のプレートを巻き込む大地震になれば、そのプレート上の活断層で誘発地震が起きる可能性もあります。
例えば、南海から大きく離れた、滋賀県の「琵琶湖西岸断層帯(想定最大規模はマグニチュード7.8)」や、静岡県から四国を通って九州へと連なる活断層帯の「中央構造線」。
地震が誘発されれば、マグニチュード7~8級の地震が別に発生するかもしれないのです。

南海・東南海・東海地震の連動の可能性
現在、南海トラフ地震のほかに、東海地方沖の東海地震・東南海地方沖の東南海地震の発生も危惧されています。
過去に東南海三連動地震は起きており、政府も含め一部の専門家は、この3つの地震の連動や誘発を警告しています。
もし3連動地震が起これば、マグニチュード8クラスの地震が複数同時に発生し、想定より広範囲に被害が及ぶことになります。



2年以内に関東方面での大震災が起こる可能性は70%。

5年以内に 此れほどの規模の”南海トラフ大地震”が起こる可能性は87%です




そして彼女は震源に向かいます





彼女の名は ”リリス”




14183675_326176407728487_6392767962722271226_n_201611091210312fd.jpg


Comment

ggyyhmuxenq@gmail.com

cartierbraceletlove Очень хорошее мнение Соня. Я полностью с тобой согласна ! И наряд просто потрясающий! Продолжай нас и дальше радовать своими модными идеями и красотой!)
cartier rose gold imitation ring http://www.latestbracelet.com/

eppmloysr@gmail.com

リピート致します ”そして彼女は震源地へ” 関東地区にお住いの方々へ | もう一つの OneNote

tcclfv@gmail.com

リピート致します ”そして彼女は震源地へ” 関東地区にお住いの方々へ | もう一つの OneNote

To venqmzmzrさん

Comment ('' ▽ `) Thank you ☆
Oh, I'm happy with the quick check.

Please fully enjoy my blog ~ ☆ 彡

2017/07/28 (Fri) 19:57 | 風 蘭 #ynHGGUUM | URL | 編集 | 返信

cgmlrof@outlook.com

リピート致します ”そして彼女は震源地へ” 関東地区にお住いの方々へ | もう一つの OneNote
<a href="http://www.glp2as98w3spc1f003f25ab2q3j041x4s.org/">avenqmzmzr</a>
venqmzmzr http://www.glp2as98w3spc1f003f25ab2q3j041x4s.org/
[url=http://www.glp2as98w3spc1f003f25ab2q3j041x4s.org/]uvenqmzmzr[/url]

2017/02/20 (Mon) 01:13 | venqmzmzr #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント