Post

Prev   

「私と言う彼女」 私はウラン

15589934_207194463074268_7737140828032589341_n.jpg









物憂げに笑える女性が憧れだった。
そんな女性が大人だと勘違いをしていたの。

そんな私の隙を見逃す”彼女”ではなかった。
負しだらな本能の儘、争えない淫らな私を侮蔑して、嫌悪させて、勝ち誇ったように微笑んでいる。
激しい性衝動。それも声を出さない約束。歓喜に震える私のふしだらな躰。
線香で陰毛を焼かれて、向かい入れる為の溢れ出す粘液。其れがどれだけ淫らで恥ずかしいことかは、頭ではわかっている。
でも如何しようもなく、陶酔して、限りなく求めてくる。 
そんな私の液体が、お腹の上で結晶となり、誰の何の液体なのか解らない儘のシーツが生乾きのままで
また”彼女”が呼んでいる。

何回めのオルガスムなんだろう。




志賀島の誘惑は、セカンドラヴ?ハンサムだけど、理屈っぽい変わった人。
この人は、いい人? 悪い人? お説教ばかりしてくる。


2キロに渡るショウィンドウに、二人の虚像が小走りに流れゆく。少しだけ紅情した趣で、行き交う人の群れをすり抜けてゆく。
あの喫茶店の角を右に曲がれば、天国への階段がある。柔らかな温かい光の此の空間から、二人で少しだけ重いガラスのドアを開ける。
唐突に新鮮な外気は、私の二つの肺に押し寄せてきて、初めて地下に潜っていた事に気付かされた。

天神の渡辺通りの交差点では、初夏の喧噪を纏いながらも、穏やかな夕暮れに茜色の空気がそよいでいた。
今日は私の誕生日。お姉ちゃんからのお祝いに、最高にナウいディスコへの御招待をされたのだ。
もしかして、逆ナンパの巣窟って有り得るだろうか。普段は教職に就いて、可愛い幼子に人生の何たるかを教えている立場だから、ないな。
いや、そもそも男性との出会いの場が少ないので、生理前はムズムズするし、別の顔と割り切っているのかも知れない。
そういやぁ、彼氏のかの字も聞いたことがない。やはり、ないな。

好奇心旺盛なのが災いして、人の心を読んで楽しむ癖がある。
だから彼氏が出来ない事は否めない。無駄に心理眼研ぎ澄ませると、弊害の方が大きいのだ。
本当に頭のいい女の人は、本能に従うのだと思う。理性や知性では解決できない事って、沢山あり過ぎだから。

初恋の彼、もしかして最初で最後の恋だったりして。嗚呼、もったいないことしちゃった。
先人たちが言う通り。能ある鷹は爪を隠す、後悔先にたたず、覆水盆に返らず。
そうだ!お盆に返って、彼に彼女が出来ているのか確認しなくちゃ!
しゃ~。論より証拠。まだ可能性はあるってことよ。よくこんな扱いにくい女、彼女にできたもんだなぁ。あんたはえらい!

地下街から異邦人な私は、スクランブル交差点直ぐ右の、小さな洞窟に向かって腕を引かれた。
それは、真鍮製の遺伝子コードのような配列で、見事にタイムスリップを起こさせるのに、充分なセンスの良さを感じた。
扇方のスチールの網目を神聖なものとして認識して、階段を一歩ずつ降りる。

JBLの重低音が、足先からお腹に響く。それにもまして、この盛り上がりはなんなのよ。
ディスクジョッキーは名指しでグルーブを囃し立てる。それにも歓声が沸いて、親し気なタメ口が飛び交う。
この雰囲気、梅田界隈にはないな。まるで洗練された、東京都24区だよ。
ほとんどの光の粒子は、ミラーボールによって制御されているようだ。
赤外線照準器、ピンポイントに当てないでよ。お姉ちゃんが何処に行ったのかわかんない。

DJルーム共有して、リクエスト用紙を手渡す常連さん。その前面は全てが鏡だ。それを取り囲むように、無限ループの遠しミラーが、ぐるりと張り巡らされている。
それは、万華鏡の中で踊ることを許された、特別なカラフルビーズ達のようだ。幾つもの残像が、虚像と交差して、異次元空間のステージを醸し出している。
踊りのレベルも、これは高いな。ブラックよりも、テクノに需要と供給しているみたい。
男性女性比率、7:3。うん、需要と供給している。

突然の雷神が、天神に、ライディーンした。
なんなのよ、こんなに難しい振り付けを、一糸乱れぬロボットダンス出来るなんて、さすがに怖気作ましたよ、私。
いえいえ、日常業務のしわ寄せの、お人形さんスマイルの立ち姿。此れでも精神エネルギー枯渇率高いのですよ。
肩甲骨上腕から、頚椎症性脊髄症未満。まあ、肩こりを解すだけが目的の、ストレッチ体操ですよ、はい。
精神衛生上の手段としての、自己陶酔の極みの舞を、笑わば笑えよ。

お姉ちゃん、小腹がすいた。踊る前に何か食べようよ。
最高のディスコには、最高のバイキングが用意されているはず。
どれどれ、まずは下調べ、下調べ。。。

ごもっとも、はっきり言って呆れましたわ。これで採算が合うのかな。
姉妹ですので、テレパシーくらい、解んないのかなぁ。もう、テーブルの上には、お皿乗らないよ。
また同じもの持ってくる。先回りして、逆を読めよ、お姉ちゃん。

幾つかの光の造形が、魔法のスパイスのように通り過ぎながら降り注がれてゆく。苺にも、ロゼワインにも。
どんなに豪華な料理でも、シチュエーションが良くないと、美味しいとは思えない。
誰か反論ありますか。お通夜料理が美味しいだなんて、そんな薄情な方の香典はいりませぬ。

ヘイ、DJ。急に、ジューシィ・フルーツ のお皿回せないでよ。ジェニーはご機嫌ななめだよ。
せっかく、ライディーンの天神の雷神さまの振り付けを覚えてたのに。

あちゃ~、またシンクロしている。
セイ、ぴこぴこ、プルプル。どうにでもなれ。
お姉ちゃん、踊ろうか、ん?速攻、ミラーで万華鏡かよ!


嗚呼、生きている。全身に巡る血潮が騒いでいる。
強く打つ鼓動。もっと早く。絹やかな皮膚から躍動の汗が飛び散る。何て気持ちがいいんだろう。

集中力を高めると、他のものは見えなくなる。頭の中がリセットされて、空っぽになれる。
注意力散漫だとよく言われるけど、それは悪い事ではないと思う。
ただ、仕事だけを純粋に集中する私は、抑止力で排除される。新人の癖にとなる。
だったら、方向性を高めれば、注意力散漫とは言えなくなるはず。感情が激しくても一向に問題はない。
育った環境や、両親から注ぎ込まれた愛情や、嫌なこと、辛いこと、嬉しいことから作られた、感情の癖でしかないんだよ、その心は。
どうして、より良いサービスを企画提案しても、実行に移させてくれないの。
業務以外。新人を甘やかす。採算が合わない。だから、真面に信じるな。プライドが傷つく。混乱が起こる。会社が成り立たない。職員が、後ろめたさや、無力感を感じて、疲弊する。

辛く苦しい過去に、心折れそうになるんだよ。でも、また前を向んだな、私。
根っからのポジティブな人なんていない。それは、人一倍ネガティブな自分を自覚して、頑張っいる人だ。
どうして、その全てが抑止力になるんだ。

恋愛についても同じ。
乗り越えようと、もがき苦しんでいるその果てに、深い愛情と慈悲をもって、自分の命さへ投げ出せることが、私の恋愛観。
もう、変えようがないよ。変わりようがない。
子供の頃から、正義の味方。鉄腕アトムが理想像なんだ。

私の心は、過去からの記憶の器で出来ている。
その脳みそ、超理数系だから、電子頭脳ね。

嫌になっちゃう。野生に立ち返れ。本能で生きてみろ。
でも、その頭が二進法なんだから、私は、ウラン。

快楽を求めているのではない。心を埋めて欲しいだけ。
人間なんて、鉄腕アトムにかなう訳ない。

人間の記憶を植え付けられても、正義の味方でしか動かない、正しい心を持っている。
そんな、正義心強い男子なんて、年下の男の子に決まっている。

やだ、また悪い癖。休憩時間に、余計なこと考えた。
よし、汗も引いたことだし、常連の振りして、あのラディオDJに、リクエストの紙を渡そう。
雷神の天神のライジーンと、もちろん書くわ。
一挙に、素敵な男子に遭遇するかもね。


やだ、お姉ちゃん。その男の人達は、誰?
もしかして、ナンパされた?

まったく、テレパシー通じていない。











15665909_210331492760565_7011757687841043098_n.jpg

関連記事

Comment

To BTCさん

評論(人'▽`)謝謝☆
什麼是塊鏈技術?

2017/03/12 (Sun) 13:39 | 風 蘭 #ynHGGUUM | URL | 編集 | 返信

uaniixjbpeo@gmail.com

区块链技术

2017/03/12 (Sun) 02:50 | BTC #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

To dxtmiwpsbさん

Please use it.
Comment (people '' ▽ `) Thank you ☆

2017/03/08 (Wed) 22:26 | 風 蘭 #ynHGGUUM | URL | 編集 | 返信

jmwcmou@outlook.com

「私と言う彼女」 私はウラン | もう一つの OneNote
<a href="http://www.gl22n750al79u7p5q24u0f83coxu22bqs.org/">adxtmiwpsb</a>
[url=http://www.gl22n750al79u7p5q24u0f83coxu22bqs.org/]udxtmiwpsb[/url]
dxtmiwpsb http://www.gl22n750al79u7p5q24u0f83coxu22bqs.org/

2017/02/01 (Wed) 16:57 | dxtmiwpsb #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント