Post

Prev   

短編小説 ”モズク蟹の藻屑” 世界枕たたき



何か問題が起きたとき、つい言い訳をしたり、他人のせいにしてしまった経験は誰にでもある。
しかし、その問題の発端は、もしかしたら本当は自分ではないのかもしれない。
自分が置かれているその状況を作ったのは 今までの自分の選択の結果であり、概に人のせいだけではない。

介護業務も同じで、各業務部所に対して荒上さんと、三木さんが業務にあたり、二人ともうまく行かず結果が出なかったのなら、業務自体の失敗のせいであり、二人のせいではない。
もし、荒上さんは成果が出て、三木さんは出なかったとしたら、業務の企画の間違いではく、
三木さんはやり方が出来ていなかっただけで、伸びるやり方を教えれば、荒上さんと同じように伸びるやり方を共有すれば良。
それは各リーダーの判断の役割であり、指示の改善や方向性の統一を行う責任があるはずだ。

常に当事者意識を持ち課題に取り組み、試行錯誤をしてゆけば、出来ない理由探しに終始している場合ではない。
この国の待機老人数は、増える一方だ。社会福祉関連の仕事は、能力給ではなく、経験給だから。
介護福祉士の資格を得られるのは、五年も先のことだろう。サンケイ以外にも、抜本的解決を急がないと、この国は潰れる。

何時まだ立っても、弱い者だけが馬鹿を見る、お人よしばかりが自殺する。
ねえ、お父さん。そうだろ。。。

何かのせいにしていては、業務内容はただの作業と成って、結果的に時間に追われ、遣り甲斐の無い辛いだけの仕事に成ってしまっているのだよ、此の業界は。

如何して他のサービス業と違うんだ。介護業界は、完全同号サービス業なのに。
ホテルで有り、病院で有り、割烹であり。温泉で有り、カラオケ店であり、ジムであり、タクシーである。
中中治療室であり、カウンセラーであり、コーディネーターであり、監獄であり。墓場なんだよ、此処は。

結果的に問題は何も解決出来ませんし、出来ない理由を探して言い訳を作るだけ。
まず、自発的に業務に当たり、職員同士の良いところを共有する事で、質と効率の向上を図ることが出来ると思う。

スタッフが嫌々ながら、事務的にする、合同お誕生会なんて、祝う気持ちが入っていません。
一人一人のお誕生日に、お誕生日ケーキをプレゼントすると言うのは如何でしょうか。
利用者様にお誕生日ケーキをプレゼントすることを目的として開催し、毎月多くの利用者様のご家族様に募金をお願いし、それと同額を職員からも募金させていただくというものです。
こどもの頃に家族や友達、大切な誰かと祝った誕生日のケーキの味は、大人になっても大切な思い出になるのです
利用者様の大切な誕生日に、少しでも笑顔をプレゼントできたら、素晴らしいことだと思います。

基本理念理念である、「明るく笑顔に包まれた環境」を創造、笑顔の創造を、実行したいのです。
まず第一に、介護職員は笑顔で利用者様と接し、触れ合うことが前提です。
その上で、心がけてコミュニケーションをはかり、信頼していただけるのだと思います。
利用者様が主体の介護業務ですので、安心して相談したり、気兼ねなく頼みごとが出来るように利用者様目線で業務に専念することが好ましいと考えます。

おのずと笑顔になられ、笑顔は笑顔を呼びます。
利用者さま同士の人間関係も改善され、明るい会話が広がります。
介護職員も遣り甲斐があり、業務が楽しくなります。
率先してお手本となる様に、上司は笑顔で明るく部下に接する事で、良好な人間関係が出来ると思います。
利用者様も職員も笑顔の創造をすることが、一番の目標であり、共通した考えがあれば、十分できることです。
社員はこの根底の目標に一丸となって取り組む必要を再確認して行くだけで、理念に近づくことは可能です。

部下にばかり仕事を押し付け、上に立つ人間が楽をしていては、その会社は立ち行かなくなるのではないでしょうか。
例えば、学生時代に何か部活動をされていた方は思い出してみてください。
後輩に対する指導が多少厳しくても、いつも一生懸命練習し成績を残している先輩であれば、周囲に慕われていたと想います。
口ばかりではなく自ら率先して行動し、後輩もその姿を見て「自分も同じようになりたい」と感じるからこそ、尊敬できるのではないでしょうか。
上に立つ人間ほど汗をかく必要性があります。
大切なのは、上に立つ人間が頑張っている姿を見せることだと私は想います。


施設見学会のご案内を出して、見学会を開催し、会社説明ならびに、事業所内の見学をを予定して、
実際に社員の業務内容、業務手法をご覧いただけます。
ご家族様が安心して入居して頂く環境整備、社員教育が必要となります。
これは最大の営業ツールであり、他の施設との差別化に繋がります。
ご家族様が其々に事情があっての介護依頼でありますので、安心して家族同然に接していただく環境を求められています。
本来ならばご自宅で介護をしたい気持ちを、止む終えず介護施設に委ねておられる背景を十分に理解して、業務に望む必要があります。

利用者様とのコミュニケーションをはかり、目配り・気配り・心配り を徹底して、活気あふれる笑顔に包まれた環境を整える事が重要となります。
その為にも、職員みずから、笑顔で明るく業務にあたる事が前提に成ります。
おのずと職員間との連携も取りやすくなり、人間関係も良好に成って行きます。
協調性は職員同士の 目配り・気配り・心配り によって初めて保たれると考えます。

お互いの業務が集中した場合など、率先して加勢して、「お互いさま」という信頼関係を作ってまいりましょう。
その上で、環境が整っていったら、自信を持って「施設見学会」を実行して行く事が可能となると思います。


ご家族様と語る会のご案内を出して、ご家族様と語る会を定期的に開催します。
施設側からみた利用者様の家族の存在」という点について、メッセージを送らせていただくほか、
ご家族様が施設に対して疑問に思っていることを直接質問し、回答が得られる機会を作る事を目的とします。

また、実際に職員がどのように働いているのか、環境整備が整っているか、現場をご見学頂く時間を提供します。
ご家族様と職員との信頼関係も構築でき、利用者様を中心とした、より良い介護を提供できるようになります。
「ご家族様と語る会」の後には、希望者様に対して、お食事をお召し上がりいただきながら、介護職員の様子などを実際にご覧いただくランチ会も合わせてご案内します。
利用者様やご家族様だけでなく、多くの方のお越しを心よりお待ちする体制を作って参りましょう。

介護職員が業務を行なっている様子をご見学いただいた後、担当スタッフより利用者様の現状や施設の取り組みと考え方、
そして介護職員がどのような業務を行なっているのかなど、お話しさせて頂きます。

私達は介護のプロです。間違ったことは間違っていると食いつきます。隠れたニーズも分かるような気持ちが大事です。
そして、利用者さんが大好きです。死を看取ったことがありますか?人生の最後を私達がお世話するんですよ。それだけ尊い仕事です。
どうぞ、好きな仕事になってください。どれだけ先輩方がやっている仕事であっても、間違っていることは間違っていると言える勇気くらい、僕にはまだ残っているんです。


政府は19日、来年度以降に実施する介護保険制度の負担の見直しを正式に決定した。

目玉はサービスの利用料だ。383万円以上など現役並みの年収の高齢者に限り、2018年8月から3割を支払ってもらう。ひと月の上限額も引き上げる。住民税が課税されており、年収が383万円に満たない高齢者(所得区分「一般」)などが対象。現行では3万7200円だが、来年8月から4万4400円とする。ただし、実施から3年後の2020年7月を期限とする「激変緩和措置」として、年間の上限額(44万6400円)を設けることにした。所得区分「一般」のうち、自己負担割合が1割の高齢者のみに適用する。

麻生太郎財務相と塩崎恭久厚生労働相が折衝で合意した。折衝の後で会見した塩崎厚労相は、「持続可能な制度を構築するという観点から、改革を着実に進めていきたい。能力に応じた負担とすることに加え、世代間・世代内の公平性にも配慮した」と述べた。

サービスの利用料だけでなく、現役世代の保険料を計算する方法も改める。個々の収入がより反映される「総報酬割」へと段階的に切り替え、所得の高い大企業のサラリーマンや公務員の負担を増やしていく。影響が特に大きく出るところには、2019年度末まで一定の支援措置を講じる。全面導入は2020年度。スケジュールは表の通りだ。

政府はこのほか、来年4月に介護職員の賃金を平均で月1万円程度引き上げることも正式に決めた。処遇改善加算を拡充し、キャリアアップの仕組みを整備した事業所が算定できるようにする。22日に閣議決定する来年度の予算案に、400億円強(国費のみ)の経費を盛り込む方針だ。

こうしたインセンティブの仕組みを設けることは、厚労省が審議会で提案して了承を得ていた。審議会の議論では、生活支援コーディネーターの活動実績や「地域ケア会議」の開催状況といった取り組みのプロセスも、市町村を評価する指標に含める構想が浮上。このほか、成績の悪いところへのディスインセンティブを組み込むよう求める意見もあった。

課題は公平性・健全性の確保だ。高齢化の状況や世帯構成、地理的な条件、役所のマンパワー、地域資源の濃淡といった要素がそれぞれ異なるなか、多くの人が納得できる指標を作るのは容易ではない。要介護度を用いることには、「自立支援をはかる物差しにはならない」「認定率の不当な抑制を招く」などの批判も出ている。厚労省の担当者は、「自治体の声も聞きながら慎重に検討を進めていきたい」と話している。


カナダの学生がインターネットで発案した”世界枕たたき”。ネットで世界中に広まるっている。
日頃のストレスを発散できるイベントとして、若者を中心に大いに賑わっている。

兵庫県のうみのほし大久保デイサービスセンターや京都府の市原寮など、最近はレクリエーションにダーツを取り入れる介護老人福祉施設が増えているそうです。

そもそもダーツは、円形の的に小さな矢を投げるスポーツ。高齢者向けの「ウェルネスダーツ」を開発した神戸常盤大学の柳本有二教授によれば、ダーツは高齢者の健康維持に有益とのこと。でも、それは一体どうしてなのでしょう?

「ダーツには、当てたスコアを持ち点から引いていく遊び方があります。その際、暗算で引き算をしなければならないですよね。実は、足し算より引き算のほうが脳を使うという研究結果があり、脳の活動量を増やせば、脳内の血量が増え、血量が増えると脳の機能が向上するのです。認知症は脳の一部の働きが衰え、それが重度になった状態のこと。脳を活性化することは、認知症の予防や進行を遅らせることにもつながります」(柳本教授 以下同)

ダーツは引き算に加え、ビジネスで用いられる“PDCAサイクル”の活動も含まれているとのこと。PDCAサイクルとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の反復ですが、この4段階の考える行為も脳機能を活発化してくれます。
「矢を狙うのが“計画”で、投げるのが“実行”。当たったスコアをチェックするのが“評価”で、『次はこうしよう』と考えるのが“改善”にあたります。ダーツ中は脳がかなり複雑な活動をしており、やはり認知機能の向上には効果的だと言えるでしょう」実際、柳本教授が開発した「ウェルネスダーツ」を用いた調査では、ダーツに取り組んだ前後では認知症テストのスコアに改善が見られた高齢者の数が多かったそうです。また、思考や意思決定を担う前頭前野の右側における酸素のヘモグロビン量も増加。ヘモグロビンの増大は血量の増加を促し、結果、脳機能の向上にもつながります。柳本教授はこの調査結果をもとに、現在、ダーツと認知症予防の因果関係の研究を進めています。

頭の体操だけでなく、投げる、刺さった矢を取りにいくといった有酸素性運動も行えるダーツ。娯楽、運動不足解消、脳の活性化という3つの魅力を備えたダーツを、要介護者のレクリエーションにぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

認知症ケア効果に期待! ダーツはなぜ、高齢者だけに有益なのか。

僕が此の国に、投げてやる。
いや、”世界枕たたき”をするんだよ、復讐の。日頃のストレスを発散できる? 出来るもんか!



そうだよね、おばあちゃん、お母さん、お父さん。。。


関連記事

Comment

ginndehf@gmail.com

1、 袁士畴表示。甚至可能有贫民窟等问题,此次配方注册制实施有助于清理多而杂乱的品牌,其生产企业必须向国家食品药品监督管理总局申请配方注册,竞争力很大。对用于重点环境监测的计量器具进行强制检定。实现快捷支付,还包括工时、水电、服务费、运费和税费等相关成本。11月26日下午17点, 一些胶性物质也会渗入其中。

asqwxxx@outlook.com

短編小説 ”モズク蟹の藻屑” 世界枕たたき | もう一つの OneNote
<a href="http://www.gr6qxo056t8810rrjy02mk3w55y6z58bs.org/">anqioegfet</a>
nqioegfet http://www.gr6qxo056t8810rrjy02mk3w55y6z58bs.org/
[url=http://www.gr6qxo056t8810rrjy02mk3w55y6z58bs.org/]unqioegfet[/url]

2017/03/13 (Mon) 13:34 | nqioegfet #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント