Post

Prev   

精神疾患の入院患者の15%を地域で暮らせるよう支援する

13559011_572565399611239_7857272864207537003_o - コピー - コピー - コピー




精神疾患の入院患者の15%を地域で暮らせるよう支援する

精神疾患による患者の入院が長期化していることから 厚生労働省は 平成32年度からの3年間で 
全国の医療機関に入院している患者の15%に当たる4万6000人を退院させて 自宅などの地域で暮らせるよう支援していくとする 初めての目標を示した

この目標は 厚生労働省の専門家会議で示された
厚生労働省によると 精神疾患で入院している患者は平成26年度で28万9000人で 平成32年度にはさらに増えて29万9000人に上ると推計されている

さらに全国の医療機関で精神疾患による患者の入院が長期化していることから 厚生労働省は 平成32年度からの3年間で
入院患者の15%に当たる4万6000人を退院させ 自宅やグループホームなどの地域で暮らせるよう支援していくことを決めた

具体的には 患者の自立を支援するため 自治体や医療機関 それに福祉施設などが連携して相談態勢を充実させたり
住民やボランティアがサポートする仕組みを整えたりする

入院患者の退院について具体的な目標が示されるのは初めてで 厚生労働省は3月までに具体的な制度作りの検討を行い 自治体に示したいとしている

30万人の精神疾患を患って入院されている方を地域で暮らせるプロジェクトです
今一番必要なのは相談態勢の充実だろう 心病んだ患者さんが安心して退院したい 社会復帰したいと望めるような精神ケアー

IT技術を導入すれば 働く環境は十分に作れる 
会社でも 自宅でも ネットワークを駆使して社会に参画できる  そんな未来は現実となる
潜在能力を開花させて 老人福祉施設と併設させれば新しい地域産業のコロニーだって出来る

もう一度言います  精神疾患を患っておられる方々には 計り知れない潜在能力が有ります
其れは既に 諸外国のIT企業によって把握され 人並み以上の働きを実現しているのです

時代は追い風 一度しかない人生 運命は変えられませんが 此の流れも又 人生の一部分
生きようと死のうと 其れも人生の一ページなのですから 自由に選択が出来るのです

ブレイントラストプロジェクトの実現は果てしなく不可能かもしれませんが 青写真だけは残せるのです
その為に 自立支援福祉施設に潜入し 地域サポートを構築します

さあ どんな人生を楽しみますか  もう傍観者ではいられないんです




障がいをお持ちの当事者&ご家族からの相談窓口




風 蘭


ブログランキング・にほんブログ村へ



もう一つの OneNote





関連記事

Comment

kkgcyjo@outlook.com

精神疾患の入院患者の15%を地域で暮らせるよう支援する | もう一つの OneNote
[url=http://www.g0eqh6932vr6bl26672bjg52i46hdc0js.org/]uvlphwwlqqp[/url]
vlphwwlqqp http://www.g0eqh6932vr6bl26672bjg52i46hdc0js.org/
<a href="http://www.g0eqh6932vr6bl26672bjg52i46hdc0js.org/">avlphwwlqqp</a>

2017/03/25 (Sat) 23:38 | vlphwwlqqp #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント