Post

Prev   

それは運命として 宿命として

DSC_0042.jpg










愛犬サクラが逝ってから 未だ10か月。。。

本当に沢山の出来事が有り 遠くまで流されました

百均の縫い包みをサクラとして抱きしめています


誰でも生かされている意味は有ると思います

好むと好まざるを得ずです

それは運命として 宿命として 粛々と受け止めています


だからこそ 自分自身の生き延びる手段を取らず

生きる為の代償を払いつつ 死を受け入れているのです


誰の為に 何の為なのか解りませんが 

「そうしなさい。」と言われるのですから しょうがありません


心に宿した者に正直に従う人生ほど素敵な事は有りません

例え世界の終わりが訪れようと 人類が滅亡しようと 其れはそれで良いと思うのです


生 病 老 死の苦しみは避けて通る事が出来ないでしょう 

しかし恐怖を無くす事は出来ます


誰かの為に”今死ぬ覚悟”をする事です

こんな愉快な生き方は無いと思うのです


その為に生かされている人間社会には 差別 偏見 貧困 など存在しません

心を解き放つとは 無防備で命を差し出す事です


人は生きているのでは無いと思うのです

産まれてから死ぬまでと言う時間だけ”生かされている”だけです



その貴重な時間を慈しみながら 愛しい者たちと会話できる一時


穏やかな安らぎの至福の時間なのです












DSC_0033_convert_20151118161539.jpg












障がいをお持ちの当事者&ご家族からの相談窓口






風 蘭






ブログランキング・にほんブログ村へ









もう一つの OneNote



関連記事

Post Comment

  
非公開コメント