Post

Prev   

認知症 “わたし” から始まる

DSC_0424_convert_20161009202200.jpg













認知症になっても誰かの役に立ちたい…。

そんな思いをかなえるため、認知症の人たちにさまざまな仕事を提供しているデイサービスがあります。

この日は地元の小学校を訪ね、紙芝居を演じます。



前田:認知症っていう言葉、知ってる人?

聞いた事ない人?
(それぞれ手を挙げる子どもたち)

それを、紙芝居を通じてみんなに認知症の事を分かってもらおうかなと思います。


自らの体験も重ねながら演じる認知症の紙芝居。

山田:(紙芝居)『すうちゃんは今日も一人で買い物に行きました。
夕方になっても帰ってきません。お父さんもお母さんもとっても心配しました。
夜になってすうちゃんはおまわりさんと一緒に帰ってきました。迷子になってたそうです。

認知症という病気でした。認知症は覚えていた事を…』
かつて、何も分からない何もできないと思われていた認知症の人たち。
地域での役割を取り戻す事で、今まで考えられなかったような生きる姿が生まれています。


認知症の本人の視点から社会の在り方を考える “わたし” から始まる。

認知症になってからも希望を持って生きていくために、具体的にどのような取り組みが必要なのか考えていきます。
認知症の早期診断が広がる中、診断を受けたあとどのように生きていったらいいのか、途方に暮れてしまう人も少なくありません。
しかし、こうした問題はこれまでの医療や介護の体制だけでは解決が難しいのが現状です。
認知症と共に歩んでいける社会をどう実現するのか。日本とイギリスの先進的な取り組みからそのヒントを探っていきます。


東京・町田市の住宅街にちょっと風変わりなデイサービスがあるといいます。朝、利用者を迎えに行く代表の前田隆行さん。
前田:おはようございます。
認知症ケアの可能性を切り開こうと、挑戦を続けています。利用者は50代から90代まで22人。
その全員が認知症と診断された人たちです。

前田:おはようございます。
いかがですか?
奥さん:もうね、もうろうとしちゃって、前後左右に揺れちゃって大変でしたよ。お医者さん連れて行って。
じゃあ、お願いします。
長尾:お願いします。
前田さんが目指しているのは、認知症の人たちが心の底から通いたいと思えるデイサービス。
わざわざ隣の県から通ってくる人もいます。

前田:長尾さん、食欲はいかがですか。

長尾:まあまあですな。

松浦:僕もまあまあですね。

前田:松浦さんもまあまあ。


職員:今日の午前中の…みんなで何をするか活動の内容を決めていきたいと思うんですけれども。
有限会社ツトムさんのところからパンフレット折り込みの仕事が入りまして。
一般的なデイサービスと最も違っている点。

それは利用者に提供するのが食事や入浴などの介助ではなく、さまざまな仕事だという事です。

職員:何個か、今日お仕事としてあるものは書き上げましたので。
今日はこんな事がしたいといろいろありましたら、ほかにも受け付けますので。

仕事のメニューはチラシの折り込みのほか、洗車や野菜の配達など多岐にわたります。
前田さんたちがこんな活動を始めたきっかけは、認知症の人たちの声でした。

「自分にもまだまだできる事がある」

「家族や社会のやっかいになるだけでは嫌だ」

実際に仕事に携わってもらうと、表情が生き生きと変わりました。
近所の保育園から依頼のあった雑巾を慣れた手つきで縫い上げていくこの男性。
子どもの頃、浴衣くらいは自分で縫えるようにと親から仕込まれた腕を存分に発揮します。


前田:デイサービスに行くと、お風呂に入ってごはんを食べて、体操をしてレクリエーションして家に帰るというのが、
今までの多くのデイサービスのプログラムというか、流れだったんですけども。けど、それってどうなんだろうかと。

もっともっと本人の思いや声を聞いてみると、やっぱり働きたいとか社会とつながりたいだとか、
例えばこんな活動がしたいんだとか、いろんな声が聞こえてきて。

本人の声を聞きながら、ここに来る事によってその思いを実現して頂こう。
ここに来るのが目標ではなくて、ここに来てからがスタートなんだっていう、そんな思いのもとにやっているんですね。

数ある仕事の中でも特に人気があるのが洗車です。
自動車販売店との1年半にわたる交渉の末、去年からようやく任せてもらえる事になりました。

最初の頃は「車に傷をつけるのでは?」と心配されていましたが、熱心な働きぶりが評価され、
ひとつき1万円の謝礼をもらえるようになりました。
仕事をする事で生きる意欲が湧いてきたという男性がいます。3年前、認知症と診断された青山仁さんです。


取材者:精が出ますね。車、好きですか。

青山:はい。もう免許なくなっちゃったけどね。

取材者:認知症と診断されて?

青山:そうです。娘に「もうやめろ」と言われて。

「人殺したら大変な事になるんだよ」って言われて。でもここへ来れば車いっぱいあるから。

認知症と分かったあと、酒浸りの毎日を送っていたという青山さん。死にたいと思った事は1度や2度ではありません。
今は磨き上げた車を見るだけで心が落ち着くといいます。

認知症の人たちと共に歩んできた前田さん。

その道のりは平たんではありませんでした。最も悩まされたのは認知症に対する誤解と偏見でした。
以前働いていたデイサービスで、認知症の人に働く機会を提供し始めた前田さん。滑り出しは順調でした。

前田:工務店だと、一番いろんな仕事ができるんじゃないか。

近所の保育園に声をかけると、プールの掃除やペンキ塗りなど仕事を次々に頼まれました。
抑えていたエネルギーがふき出すように生き生きと働く認知症の人たち。

そんな時、地元の介護関係者から疑問の声が上がりました。働いて報酬を得る事は認められないのではないか。
デイサービスは支援を必要とする人が通う場所であり、働ける人が利用している事自体おかしいというのです。
背景にあったのは、認知症の人は何もできないという誤解と偏見でした。


前田:「働ける訳ないだろう」、「いや、でも実際働いてるから見てくれ」って言ったんですけど一回も見に来なかった。
愚痴になっちゃいますけど見に来なかった。これを解決するにはどうすりゃいいんだって。

いろんな人のつてをたどっていって厚労省の老健局の方たちとつながっていったりだとか、
横のネットワークがどんどんどんどん広がっていって、本人の声を国に届けたりだとか、大きな団体から提言してもらったりだとか。
そういった事をして国がオーケーを、ゴーサインを出したんですね。



国は、認知症の人たちの仕事をボランティア活動と見なし、謝礼を受け取る事を認めました。
「認知症になっても社会の一員としてできる事はあり、その機会を奪うべきではない」という前田さんたちの主張が受け入れられたのです。

前田:やっぱり一般の社会の人たちにまだまだ認知症であってもこんな事ができるんだとか、本当に知られていなくて。
「何をされるか分からないでしょ」みたいな事を言われましたので、やっぱりまだまだかなと思いますね。

でも、それが社会全体の大体のイメージ。
やはりそれを変えていくには、もっともっと社会だったり地域だったりとつながっていかなければいけないし。
一緒に活動したりしていく中で広げていかないと、広がりという部分ではまだまだやるべき事は多くあるのかなと思ってます。

社会に存在する認知症への負のイメージ。それでも少しずつ変化の兆しが見えてきています。
この日、青山さんたちがやって来たのは地元の八百屋さん。この地域で一番初めに仕事を任せてくれました。


嶋田(社長):「傷ついてるよ、八百屋さん」って言われるから、必ずこういうミカンとかリンゴはそうっと置く。必ず。

松田:はい。

嶋田:これは生で食べるから。炒めないし。よろしく。

松田:はい。



野菜を配達する仕事では、地域に暮らす大勢の人たちと触れ合う事になります。
たとえ最初認知症について、何もできない、危険と思い込んでいる人でも、認知症の人が実際に働く姿に触れればたちまち誤解は解けていきます。

お客さん:はい、お預かりします。どうもありがとうございます。ご苦労様です。

嶋田:助かってます。休まない、時間どおり来る。車も掃除してくれる。返事もしてくれる。普通でしょ?

何でもない、普通ですよ。でも普通なんだけど、こうやって普通にやってくれるだけでうちは助かるし。

嶋田:じゃあこれ、先月分のお金です。

青山:ありがとうございます。

嶋田:今日も頑張ってね!


昼休み、青山さんは前田さんたちと連れ立って行きつけのラーメン屋へと向かいました。毎週金曜はサービスデイ。
青山さんの注文はいつもラーメン中盛りです。

認知症と診断された頃、自分でお金を稼ぎ、仲間と一緒にラーメンを味わう日が再び訪れるとは想像もできませんでした。

その1年後、前田さんたちと出会った青山さん。タマネギの皮むきに始まり、野菜の配達、洗車。紙芝居に訪れる小学校では
、子どもたちの人気者になりました。これまでの人生で初めての経験に挑み続けてきました。


前田:スタッフだからとか当事者だからとかいう事で分けて考えていくと、介護する側される側みたいな感じにどことなくなってしまう。
ここの場所に集う人たち全てが、私たちも含めて全てが仲間、メンバーっていうような位置づけでやっているんですけれども。
違和感なく仲間として成り立ってる感じですね。



地域の企業や住民を巻き込み、認知症への理解を深めていく。
それを国ぐるみで進めているのがイギリスです。原動力となっているのが、認知症アクション同盟。

さまざまな企業や団体がネットワークを組み、認知症の人が暮らしやすい地域を目指し、独自の取り組みを展開してきました。
例えばこのバス会社は、認知症の人が安心してバスを利用できるカードを作りました。

バスに乗る時運転手にカードを提示すれば、もし仮にどこで降りるか忘れてしまっても、目的地に到着した時教えてもらえます。

更に、認知症について学ぶ講習会を開催。認知症の人が利用しやすくなる事を顧客サービス向上の一環として推進しています。
一方、こちらの学校では全ての教科に絡めて認知症の人を理解する授業を行っています。
単なる知識の習得ではなく、人間同士の触れ合いを大切にしています。



生徒:認知症であっても私たちと同じ人間なのだと気づきました。他の人と同じように普通に心を配ればいいのです。
教師:若い人が認知症の人と触れ合うと、たちまち影響を受けます。魔法にかかったかのような誰もに見ていただきたい瞬間です。



そして、もう一つの取り組みが認知症大使です。

ハリウッド女優やジャーナリストに加え、認知症の本人も大使に任命。
それぞれの立場で認知症への関心を高める活動を行います。

テレビCMを通じて「認知症になっても人生は続いている」と訴えたピーター・ダンロップさんです。
認知症と診断されたのは5年前。誇りにしてきた産婦人科医としての仕事は諦めざるをえませんでした。

趣味の魚釣りや家族と過ごす時間を大切にしながら、自分にはまだできる事があると思い続けてきたピーターさん。
そんな時舞い込んだのが「認知症のイメージを変えるためのCMに出演しないか」という誘いでした。


ピーター:私にとって困難な時期が来るのは分かっていました。だからもし人の役に立つのならやってみようと思い立ったのです。
妻:それがあなたにとって一番大切な事よね。

ピーター:認知症は人生の終わりではありません。確かにこれまでとは違う人生になります。でも笑う事ができれば大丈夫なのです。


認知症のイメージを覆すピーターさんのメッセージ。
認知症になったからこそできる事があると身をもって証明しました。



一連の取り組みを進めてきたのがアルツハイマー病協会です。
認知症の人とその家族を支援する事を目的に30年前に設立されました。職員の数は、ボランティアなども含めると9,000人。
今やその活動は本人や家族の支援にとどまらず、認知症に関する調査や研究、政策作りにまで広がっています。

この協会が今、力を入れて取り組もうとしている事があります。
組織の運営にこれまで以上に認知症の人たちに関わってもらえないかという事です。

今、検討しているのが、職員を採用する際の面接官を任せられないかという事。実際に認知症の人を呼んでこの事についての意見を聞く事になりました。
職員1:認知症の人に職員採用の面接をお願いする場合、どんな事に注意したらいいですか。



ヒラリー(認知症の人):採用に際し、協会が認知症の私たちに何を期待しているのか、どのように私たちの意見を反映するのか明確にしてほしいです。

というのも、私の理解力は以前より衰えているので、間違った判断をするのではという不安があるからです。
理想的な候補者がいるのにチャンスを奪ってしまったと思いたくありません。
認知症当事者の参画は単なるリップサービスではないんですよね?

職員1:確かにヒラリーさんが言うように、採用するかどうかの全責任を認知症の人に負わせるのはあまりに荷が重すぎますね。

職員2:私が以前に職員の採用をお願いした方は、もともと人事部で働いていた経験があり、見事に役割を果たされました。役割を明確にする事は極めて重要です。


協会会長:私たちは認知症の人が社会生活のあらゆる場面に参加できるよう力を尽くさねばなりません。
認知症の人が社会に合わせてくれるのを期待するのではなく、社会の方が変わるべきなのです。
認知症の人が求めているものを本当に理解する事ができれば、全ての人にとってより生きやすい社会をつくり上げる事ができるでしょう。



日本でも、イギリスのような認知症の人が暮らしやすい地域づくりの取り組みが始まっています。
この日、町田市役所にやって来たのは、認知症の人に働く機会を提供してきた次世代型デイサービスの前田さんたち。
目的は、町田市が計画する新しい認知症カフェ作りについて行政の担当者と話し合う事でした。

この会議を仲立ちした、NPO法人認知症フレンドシップクラブの徳田雄人さんです。
そのねらいは、前田さんたちが進めてきた地域の企業や住民を巻き込む取り組みを、行政と連携する事で加速させていく事でした。


徳田:町田市内でもいろんな活動認知症関係の活動をされてる方がたくさんいらっしゃるんですけど、
なかなか行政の方と当事者の方が一緒にお話を気軽にする機会っていうのがないなっていうふうに思ってまして。

もちろん医療とかケアとかも非常に大事な事ではあるんですけど、
やはり認知症の方の暮らし全体を考えた時に、町を構成するさまざまな人たちができる事ってもっとあるんじゃないかなというふうに思ってまして。

今、認知症の課題に関わりがない方たちをどうやって巻き込んでいくかっていうのが、私たちのNPOの主なミッションなんですけども。



徳田さんは、認知症の人が地域で生き生きと暮らしていくためには、それを支える団体や住民が確かなつながりを持つ事が大切だと考えています。
その実現に向け、認知症について関心のある人が集える場を作ったり、スポーツイベントを開いたりしてきました。
一つ一つのつながりが、やがて社会全体を動かすネットワークになる事を目指しています。


お店の人:お正月の初売りのセールの時に使う福袋を、ちょっと詰め物をして、お客様用という形で作って頂きたいんですけども。
数が大体おおまかで300ぐらい…。

次世代型デイサービスに通う青山さんたちに、新たな仕事の依頼がありました。
自動車販売店の初売りに使う福袋作りです。認知症と診断され、一度は諦めた人生。

しかし今、頼りにしてくれる地域の人たちと苦楽を共にできる仲間がいる。
活躍できる場所が1つ増えるごとに、認知症と共に生きる可能性が広がります。


お店の人:いつもありがとうございます。お疲れさまです。また来年もよろしくお願いします。

青山:こちらこそよろしくお願い致します。。。





介護福祉のあり方を根底から見直す必要がありそうです。

箱を作って労働力だけを求める権限者。

質が伴わない介護ザービスの犠牲に成り続けている利用者様。

現場の悲惨さに失望して二度と介護の仕事は嫌だと転職して行く志高かった若者たち。

其れでも尚、待機老人は50万人に上っている現状があります。


だからこそ、介護のプロフェッショナルに脚光が当たっているのです。

あなたの情熱を、あなたの技術を、プロ意識を伝えてほしい。



人生の大先輩を敬い、尊敬し、ともに苦楽を共有して寄り添い

穏やかで幸せな人生を送って頂ける喜びを感じてこそ

こんなに素晴らしく尊い仕事は、他にはないと思うのですよ。。。














障がいをお持ちの当事者&ご家族からの相談窓口






風 蘭




ブログランキング・にほんブログ村へ






もう一つの OneNote





関連記事

Post Comment

  
非公開コメント