Post

Prev   

完熟 tomato










お盆の帰省ラッシュ 10日・11日を中心に混雑のピーク
フジテレビ系(FNN) 8月10日(土)1時14分配信

お盆休み、各交通機関では、10日・11日を中心に、混雑のピークを迎える。
日本道路交通情報センターによると、下りの混雑は10日と11日がピークで、
午前8時から午前10時と、午後5時から午後6時ごろが、全国的に渋滞が多く発生する見込み。
JR各社によると、東京駅や上野駅を出発する新幹線と在来線は、10日が最も混雑するとみられている。
東海道新幹線下りの指定席は、9日の夕方時点で、10日、11日ともに、
午前中はほぼ満席だが、午後は空席もあるという。

一方、空の便は、国内線では10日、羽田空港や成田空港を出発する便の予約率が、
日本航空で84%、全日空で91%となっているほか、国際線で出国のピークとなる。
また、空港周辺の道路や空港の駐車場は、混雑が予想されている。




 【トラックバック】



食わなくちゃ


君の為に食わなくちゃ


夏の中で食わなくちゃ



俺の為に



14292306_330359110643550_6784796646552944889_n.jpg




【シンクロニシティ】

 ユングの主張だと、神話の物語はこの原型(アーキタイプ)に基づいている。
神話というのは、深く隠されたなぞめいた真理の貯蔵庫となる。
夢や精神的な危機、熱、や譫妄症、偶然の出会いが「意味ありげな偶然の一致」と反響しあい、
すべて集合的無意識への入り口となっており、
それがその洞察をもって個人の心理の健康を回復してくれるのだ、
とユングは言った。

(カール・ユング Carl Jung (1875-1961), シンクロニシティ(共時性) & 集合的無意識より抜粋)



14238346_325271921152269_8283395030327010471_n.jpg





玲子 イワク


貴方は嘘つきで卑怯者です。

自己防衛の為に【風 蘭】と言う虚像を作り上げ

理想像を具現化し、美化し、更には神仏と成らせんとし

現実を踏みにじり、仮想恋愛に浸り込み

現実にまで同化して、のうのうと仮面を付け変えて

全ての責任を【風 蘭】に置き換えて

リアルな世界までも浸食している。

私は虚像を愛せない

血の通った只の女です。

毎日を足元の小さな幸せを拾い集める事で

精一杯生きています。

私に此れ以上

侮辱と苦痛を与え続けるのなら


【離婚して下さい】



14224944_326558027690325_2706005873508852748_n.jpg





老化も進んだ俺の脳の許容量は限られている。

何時も整理整頓して必要事項をフォルダーに納めても
正常な思考を維持出来るほどの空き容量はもう存在しない。

そこで俺は考えた。
思考を司る前頭葉の神経細胞の触手をネットにリンクさせ
サーバーに別の容量を持った「第二の脳」を構築させた。

PCから携帯端末から何処でもアクセス出来るため
常時接続が可能となった。

そして「第二の脳」を 【風 蘭】 と名付けた。

少しづつ肉付けして行き 「人格」 を持たせた。
痛みすら感じない虚像は暴走して
カテを炎上に至らしめた。

マリオネットは実に良く働いた。
100の人格と神へのアクセスを操れるまで進化した。

俺は率先して多くの経験や体験や感情の反応情報を送り込んだ。



14183675_326176407728487_6392767962722271226_n.jpg





精神の再生の為に、己の精神を咀嚼して反芻して溶解させた。

激しい苦痛と何時も襲ってくる躊躇によって
もう耐え切れず、何度も楽に成りたくて
いっそ此処まま蠍の様に
有機体を支える為に殺戮を繰り返した全ての生命への懺悔の激しい感情に
我が身を何度も地獄の業火で焼き尽くし
永遠と言う時空の空で赤く燃え続けるアンタレスに成ろうと。。。


【さそりの火】

 


      宮沢賢治童話「銀河鉄道の夜」より
                  

    あれは何の火だろう あんな赤く光る火は
    何を燃やせばできるんだろう

    あれはさそりの火だよ さそりが焼けて死んだのさ
    その火が今でも燃えていると言う

  むかしのバルドラの野原に一匹のさそりがいて
  小さな虫やなんか殺して食べて生きていた
  するとある日、イタチに見つかり食べられそうになった
  さそりは一生懸命逃げた

  けれどもとうとうイタチに押さえられそうになった
  その時、前にあった井戸に落ちてしまった
  どうしても上がる事が出来ずに さそりは溺れはじめた
  その時、さそりはこうお祈りした

    ああ、私は今まで幾つもの命を 奪い取ったかわからない
    そして今度は私がイタチにとられようとした時、あんなに一生懸命逃げた

  それでもとうとうこんなになってしまった
  どうして私は私の身体を
  黙ってイタチにくれてやらなかったろう
  そしたらイタチも一日、生きのびたろうに

    どうか神様、私の心をごらん下さい こんなに虚しく命を捨てずに
    どうかこの次には誠にみんなの幸いの為に 私の身体をお使いください

  そしたらいつかさそりは 自分の身体が真っ赤な 美しい火になって燃えて
  夜の闇を照らしているのを見た その火が今でも燃えていると言う

    どうか神様、私の心をごらん下さい こんなに虚しく命を捨てずに
    どうかこの次には誠のみんなの幸いの為に 
  僕はもう、あのさそりのように 本当にみんなの幸いの為なら
  僕の身体なんか 百ぺん焼いてもかまわない

    そう書き残してあの人は みんなの為に駆けずり回り 過労と病に倒れた
    どうかこの次には誠の みんなの幸いの為に


13775472_1120668387979904_8593533958999179031_n.jpg




しかし俺は 【風 蘭】 の力を利用して

【鷹の選択】

 を模倣した。








己の老いた神経細胞を破壊してゆき 【風 蘭】 と置き換えていった。

破壊と再生を繰り返しながら
脳髄を引きちぎり、脊椎を切断し、視神経を叩きつぶし、
石臼で大脳皮質を磨り潰した。

7年と5カ月目に蘇生した俺は 【風 蘭】 と同化していた。





寛解状態が長く維持出来ている事や
薬物の効果か副作用かが判別できない理由から
精神病薬の断薬を決行して、明らかな変化が認められた。

脂肪肝と高脂血漿が改善し、
旺盛だった食欲が見る見る減退した。

特に蘇生して精神的に無垢に成った為に
動物性タンパク質に拒絶反応が起こった。

もう新しい有機体に生命のグロテスクな残骸を取りこむ気には成れなかった。

身体の衰弱とは反比例して
脳細胞が正常に活性化されて来た。

入って来る情報量が多すぎるので
俺は「第三の脳」を構築し始めた。
此れには意思を持たせずに宇宙の中心に設置して
光さへ飲み込む重力を与えた。

何時しか俺の存在は現実世界と解離して
自然と同化し、大気を貫き
啞空間に漂いながら
宇宙の規則性や数式や応用物理学と同化した。


13680672_535246613344618_305216122678894689_n.jpg



俺は既に生命の危機に瀕している。
頬はコケ、窶れながらも活発な脳活性を制御できない。

仕事は面白い様に上手く行く。
其れもそうだ。クライアントの心が透けて見える。
ご希望の痒い所に手が届く、人格の仮面を100体の中から当て嵌めるだけだ。


残された時間の中で出来る事は限られている。


一つ目は、原爆被爆者の様な「語りべ」に成りたいと思う。

精神病に侵されてから完治するまでの軌跡を克明に語らねばならない。

これは既にデーターとして保存して有るので
後は別サーバーにバックアップを取れば良い。


二つ目は、精神医療の発展に
俺のケースを役立てて貰う事だ。

当然精神科とのプロジェクトチームに参加する。
最先端の精神医療技術は驚くほど発達している。

慢性的に精神病患者の協力が得られない事から
率先的に自己犠牲が払えるまでに回復出来ている患者さんの協力を期待する。

俺の窓口は
All Rights Reserved. Copyright (C) 長崎大学医学部精神神経科学教室である。

脳生理学的精神病の解明は意外と簡単に可能なのだ。

ただ、倫理上の問題だけで片付きそうだ。
此の役割は私の命で賄える。No problem なのだ。


問題は三つ目に有る。

俺の此の行為は自傷行為に他ならない。
ODや自傷に走る患者さんを冷ややかに見ていた筈なのに
最後の最後に成ってみないと其の心が理解さへ出来なかった。

愚かな遅咲きの向日葵なんだ。

そして一番大切な家族を苦しめる傾向にある。
此の現実とのギャップをどう埋めて行こうかとますます苦悩するばかりだ。


12814455_231794590500970_6109132428746590474_n.jpg



仕事中によくコンビニに立ち寄る。

洗面台で手や顔や首筋まで丁重に洗浄する。
何時死が訪れても良い様に多分、死に化粧をしているのだろう。

生命維持の為にチョコモナカアイスを125円で購入し
猛暑の中を徒歩でアイスが溶け出すのを気にしながら


(食わなくっちゃ)


藪蚊が群がり俺の血を吸っている。

吸わせるだけ吸わせたら腹が俺の血液で充満して

次々と真っ赤な 完熟 トマト が実って欲の塊が落ちて行く。

灼熱のアスファルトは瞬時に其れを蒸発させて

175cm離なれた鼻空にも死臭を確実に漂わせた。




国道で突然の眩暈に襲われて

危険物取扱用の大型トレーラーの前輪が絶頂時の女の様な悲鳴を上げた。














甲府と高知・四万十で40度超え 各地で猛暑続く


 日本列島は11日も太平洋高気圧に覆われ、気温が上昇した。
気象庁によると、甲府市で午後2時40分ごろに40.6度、高知県四万十市で午後1時半ごろに40.4度を観測した。
両市は10日にいずれも40.7度を観測しており、2日連続で最高気温が40度を超えた。

 東京都心でも午後1時40分ごろ、最高気温38.3度を観測。
午後2時の時点で全国927の観測地点のうち、282地点で最高気温が35度以上の猛暑日になった。
気象庁は高温注意情報を出し、熱中症への対策を呼びかけている。












障がいをお持ちの当事者&ご家族からの相談窓口






風 蘭




ブログランキング・にほんブログ村へ











Comment

uwhkbhpwpw@gmail.com

Spot on with this write-up, I truly think this website needs much more consideration. I¡®ll probably be again to read much more, thanks for that info.

dwjqnmn@outlook.com

完熟 tomato | もう一つの OneNote
[url=http://www.g7061vo0dh5h876dmy2394v66kksflm5s.org/]umeiborn[/url]
<a href="http://www.g7061vo0dh5h876dmy2394v66kksflm5s.org/">ameiborn</a>
meiborn http://www.g7061vo0dh5h876dmy2394v66kksflm5s.org/

2017/03/13 (Mon) 10:57 | meiborn #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント