Post

Prev   

崩壊寸前の介護業界 弱者を殺す国家 日本

a1070_000109_m.jpg












国の方針は“在宅介護中心”へ



 現在 全国で介護をしている人々は557万人
そのうち47% 約5割が60歳以上で 老々介護になっています
特別養護老人ホームなどは 300人以上空き室になるのを何年も待たなければなりません
そうしたなか 国の方針は“在宅介護中心”になりました




在宅介護を取り巻く2つの厳しい現状

1 大きな負担を強いられる家族



 NHKの統計では 自宅介護家族は160万人で自宅介護の為 仕事を離職しなければならなくなった人々は39万人
そして 生活できずに赤字になった家族は33%にものぼります

 それ程介護は人の一生を左右します そして、これは生活保護の増大につながり 絶望を訴える老人の多い大変な課題です
介護する家族の介護無知識や認識不足によるところも多いのですが 介護しない家族の無責任な言動による 介護する人への圧迫などにより 一人で抱え込むことの負担による介護ノイローゼや介護鬱病 パニック障害も原因でやむなく離職しなければならなくなる極めて不公平な現状を公平化し 解決しなければいつまで経っても“正直者がバカをみる”世の中でしかなく どんなことをやってみても 結局堂々巡りで終わってしまいます



2 崩壊寸前のホームヘルパーによる在宅介護



 そして 自宅で介護されている方々の手助けをする訪問介護 ホームヘルパーの現状もまた 崩壊寸前になっています
こちらの方は過酷な労働に加え 賃金の不安定さと ホームヘルパーの高齢化で行く先が見えなくなり 採算が合わないなどの理由でやはり離職する人々が後を絶ちません
各事業所が求人広告を出しても全く人が集まらない最悪の現状です
国の決めた「利用者一箇所15分短縮」などの労働時間短縮法も大きな問題です
厚生労働省の審議会によれば2018年には 訪問介護から生活援助サービスが切り離される可能性が高く 介護を受ける側 行う側双方にとって大きな変化も待ち構えています



では 如何言う方向性で少子高齢化に対応できるのでしょう




税制は悪化し 年金は減額され 待機入所老人の拡大で かつて日本で行われていた”姨捨山”の風習が認められる風習になるのでしょうか



一つのモデルケースを考えてみます


「自給自足です」


働ける老人 まだ気力が残っている精神障碍者 身体障碍者によるコロニーを作ります
シェアリングエコノミーとITを駆使して お互いの特技を生かし 支え合うのです

24時間訪問介護の効率化 障碍者が率先してIT化した生活を促がします
過疎地での日本文化を観光資源として運用し 経済効果を導き出します

国や経済に頼らない 自立したコロニーの情報発信をし コロニー同士のネットワークを構築するのです
一つの企業体として「誰もが支援活動員」となれる特化した第一次産業を作り上げます



支え合い助け合う弱者の視点でお互いさまの精神で認め合い助け合う

人間が人間を差別したり 偏見を持って接したり 貧困を忌み嫌い 弱者から利益を貪る

たとえ其れが人間の本質であったとしても 私は認めない

自分の為にお金を使わない 命を惜しまず誰かを助けたい

国家の問題ではなく 極めて私的な問題なのです。。。











deriheruio-2.jpg
 



障がいをお持ちの当事者&ご家族からの相談窓口




風 蘭




ブログランキング・にほんブログ村へ





もう一つのOneNote









 
関連記事

Comment

Post Comment

  
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。