Post

Prev   

GWに戒める

 010+(7)_convert_20160412214944.jpg 






だから連休は駄目なんですよ~
基本的に 戦う事でしか自己認識できない処があります
企業さんも休みなので 攻撃もできません
闘争本能が下火になると 至らぬ本能がムクムクと首を擡げます
バランスが悪いので 臆病になります
なにが怖いって 女性から泣かれる事以上に怖いものはない
悪気が無いだけに 意味も解らず 途方に暮れるのです
だから本当は女性が怖いのですよ                とても怖い。。。
ブログを綴って8年位になりますが 弱音を吐いた事は記憶にありません
正直に「辛い」とか「苦しい」とか綴るタイミングを逃してしまったのかな~
多くのブロガーさんの記事を拝見せて頂き 「勇気があるな~ 素敵だな~」 と感心しています!



なので 「大儀」を検証し直さないと ムクムクちゃんが暴れだすので 戒めます!




笑顔の創造

行動を通じて社会に貢献したい

自己実現の追及 (何事にも誠実に 自分自身の無限の可能性を表現する)




聞こえは良いけど 手段はかなりダーティー
法の抜け道を使います 屍が累々と積もります それが戦争です


4月から女性活躍推進法と同時期に施行された「障がい者雇用」に関する新しい法律「障害者差別禁止法」「改正障害者雇用促進法」が実行されましたね
「障がい者」という言葉は企業で働く人間にとって 未だ身近な言葉ではありません
企業における障がい者雇用は「法定雇用率」という言葉との組み合わせにより その認知が徐々に広がってはきました

ただ 企業においては 未だ「法定雇用率の達成」という法令順守の観点で語られることが多く 

障がい者の「採用」は進むかも知れませんが 適切な「雇用」に繋がらず 早期離職に発展するという問題も生じています

本来 人材を採用するということは 取り組むべき経営課題があり その解決のためのひとつの手段であるはずです
しかし 障がい者雇用に関しては 企業は障がい者ポテンシャルを図りかねており 手段としての採用活動が正しく実行できていないケースばかりです
障がい者雇用を推進するためには 障がい者を企業の経営力向上に繋げるための人的資源と捉えていく広義な戦略的な視点が求められます 
さらに 多様な人材と幅広い価値観を受け入れるための社内理解と組織開発が必須となります 
法定雇用率の達成という近視眼的な考え方から脱し 本質的に「企業における障がい者雇用はいかにあるべきか」を 企業側の観点からアプローチするスタンスが必要だと思います
この考え方の先には 雇用に対する新しい考え方 新しい働き方に対するひとつの手がかりがあるはずです
「障がい」をはじめとした多様な人材の持ち味や能力特性を積極的に業務と組織に活かし 戦略的な経営力向上に繋げる事で 新しい働く姿が実現出来ると信じます
企業における障がい者雇用支援は支援ではなく 特性を生かした最大な武器となります
本当に優れた特性を持ちながら生かしきれていない 特性ごとの働く環境が許されていなかった


そこから始めましょう そして医学的見地からのアプローチを致しましょう


青写真だけ残して 先に逝きますね。。。



もう一つのOneNote 

関連記事

Comment

qbggrkt@gmail.com

GWに戒める | もう一つの OneNote

2017/08/08 (Tue) 23:06 | Large Dog Crate #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

gueeazv@outlook.com

GWに戒める | もう一つの OneNote
yvknwcfzf http://www.gm23z6o99fmf782s60i3er1r78n9s6fgs.org/
<a href="http://www.gm23z6o99fmf782s60i3er1r78n9s6fgs.org/">ayvknwcfzf</a>
[url=http://www.gm23z6o99fmf782s60i3er1r78n9s6fgs.org/]uyvknwcfzf[/url]

2017/03/13 (Mon) 11:41 | yvknwcfzf #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。