Post

Prev   

現代社会への警鐘者たち

014+(4)_convert_20160322175658.jpg










現代社会への警鐘者たち







宗教観は人それぞれでしょう

キリスト教 仏教 イスラム教 ヒンズー教
でも人間が 「神」 について伝えるから擬人化され利用されています
何故ならば 戦争に利用して侵略の道具にされてきた歴史が有ります
そしてどの宗教にも制約があります

はたして 「神」 が人類にそれを伝えたかったのでしょうか

三位一体とは  時間  空間  物質  だろうと思います

それを司るのが  偶然  それは  奇跡  とも言えます

生命が奇跡の連続である事を理解できれば そこに何らかの 「意思」 を感じるでしょう
そこで初めて 「生かされている」 と言う実感を得て 奇跡に感謝し 大切に 「生」 を輝かせるのです










004+(3)_convert_20160402203315.jpg










哲学は先人の生きる知恵です
あくまでも知恵ですので 人生の体験から残されています
つまり 人生をより良く生きるバイブルでは無く 生きる上での参考書程度です

だから誰も真似など出来るものでは有りません
人間一人ひとりの生き様こそが哲学であり 机上で考えるものではありません

だから哲学を表に出す人は 誰かの物真似だと感じられ 返って信用できません
それだけの体験や苦労を通じて 何をなそうとしているかが重要なので
それは哲学というより 「信念」 と表現するほうが収まりが良いようです
その 「信念」 を初めて先人の哲学 歴史 文化 宗教感などと照らしあわす事ができるのです









015+(4)_convert_20160322175849.jpg









有識者が集う要素は 困難な現状を捉えているからです

変革の時代に気づいた者が警鐘を鳴らしています

湯で上がった蛙の喩えがある様に 誰でも現実から目を背けます

共感と自信 確信 行動 折れない心で戦いを始める者が現れます

複数の改革者は互いに惹かれあい ITを駆使した変革を試みます

ダライラマ  ガンジー  ムヒカ  渡邊幸義  坂本隆一  みな正のオーラに包まれています

どんな政治家にも権力者にも私はオーラを感じません









死などたいしたことではないのです

苦痛もたいしたことでありません

しかし臆病風に吹かれることは万死に値する罪であり 

これ以上の恥辱はないと感じているのです

















ブログランキング・にほんブログ村へ











もう一つの OneNote
関連記事

Post Comment

  
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。