Post

Prev   

【C3病棟@】  繭の中の人達

良美





【繭の中の人達】




ケロイドで上唇が無い男が廊下で正座している。
時々深々とお辞儀をする。宗教に縋っているのか。

蝶の様に両手を羽ばたかせて踊っている少女。
宇多田ヒカルの忠実なコピー。幾重にも重なった上瞼は半開きのままだ。

署名活動に専念している措置入院の女。
明らかな躁転の兆候で、見開いた瞼に瞳が微動を繰り返す。

一番うるさいのは、生活保護を受けていたオバさん。
人の陰口でしか孤独を癒せない。こいつは使えそうだ。

ここはC3一般病棟。徐々に隔離解除され、個室を与えられた。
朝は5時に起床して、喫煙所の開く6時までロビーでコーヒーを飲む。
時々見回りの看護師に早すぎると注意されるが、騒がなければ問題はない。

朝の煙草の煙は寒暖の差によって発生した霧の幻想的な光景の中に溶けていった。
この世界が本当で、強化ガラスの中は繭だ。精神を病んだ者達にとっての再生の場所。

しかし、誰もが居心地が良い訳では無い。
帰れる場所が有り、受け入れられる条件を満たされている患者など殆どいない。
だから現実世界と距離を起き、一先ず忘れた振りをして、出来るだけ寂しくないように
当り障りのない態度で、媚を売って好かれようと努力する。

辛い体験に同情し、苦悩を分かち合い、慰めあっているだけの関係。
幾つかの派閥が有り、主導権を握った者は、
現実から逃避した哀れなお山の大将だと言う事にさえ気づかない。

退院してからの地獄の日々の為の準備期間を怠って、何処へ帰ろうと言うのだろう。
現実世界に踏み出す勇気さえ、気力さえ無く、同病相哀れんで繭の中でのうのうと
全てを病気のせいにして、反論者など排除して、自分の世界を強固にする。

そんな部類の人間を人格操作するのはいとも容易い。
薄っぺらな浅はかな奴ほど、化けの皮は剥がしやすい。

看護師も精神科医も原理は同じだ。
痛点を突き刺し、穴を広げる。慌てた隙に脳にダメージを与え精神を崩壊させる。
その手段はランチェスター戦術の如く無数に存在する。

ラウンジのテーブルには、お気に入りの患者を加えて食事をした。
他愛も無い雑談から、病名と性格の弱点を把握した。

オセロやトランプを興じて患者を惹きつけ、洗脳してゆく。
此処がどんなに酷い病院で、劣悪な環境に置かれているか。
精神科医がどんなに無能で怠惰な事か。

看護スタッフへの反発。主治医への不信感。
たちまちC3病棟は烈火のごとく炎上し、
逃げ道を失った者達は木村副院長に縋るより術はなかった。



さて、準備は良いかい?



俺は躊躇せず、人を殺せる。





 

イエスの涙



関連記事

Comment

keoovzr@outlook.com

【C3病棟@】  繭の中の人達 | もう一つの OneNote
<a href="http://www.gt4bk948l5qnn8vq2n288609wc0yt8p0s.org/">armtbsxczb</a>
rmtbsxczb http://www.gt4bk948l5qnn8vq2n288609wc0yt8p0s.org/
[url=http://www.gt4bk948l5qnn8vq2n288609wc0yt8p0s.org/]urmtbsxczb[/url]

2017/03/23 (Thu) 06:01 | rmtbsxczb #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

O さまへ

素晴らしい志だと思います。
全てを病気のせいにしないで、ご自分で間違いに気が付かれています。
本当は此処が最も重要な事柄であり、新たなスタート地点だと感じています。

障害を抱えながら働くと言う行為はそれ自体、尊いものです。
例え、それが再発の要因で有った時でも、障害を受け入れられた方には
良い経験となって、再び立ち上がれるものだと思います。
誰でも同じ失敗はしたく有りませんし、教訓にもなります。

全てを病気のせいにして人生を恨んで見たところで
何一つ進歩もなければ、病状の改善もあり得ません。
どんな薬を処方されようと、これに勝る、期待する効果など有る筈もありません。

仕事をする勇気が無いのは当然のことです。誰でも不安なのが普通です。
「障害を抱えているから」「迷惑をかけるから」「病状が悪化するから」
悩んでいる暇があったら、ネットなどに依存しないで、現実に行動してみるべきです。
それから悩めば良い。確実な前進です。リアルな現実と向き合う事が必要です。

気がつけば、病状は間違いなく改善しています。
病気である自分が好きになり、自信となります。

例え、世界が白から黒に、オセロのようにひっくり返っても、Oさんの心は
折れなかったのではありませんか?

折れない心が有れば、何時でもスタート地点に立つ事ができます。

今後のご活躍を期待しております。

2015/07/16 (Thu) 21:58 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

 ぼくは、たいした活動はできないですけど、風蘭さんはすごいお方のようですね。自分で独自の精神療法を作り出して、仕事に生かすことができるというのは、並々ならぬ努力の賜物なのだとお察しします。
 これからも頑張って、御活躍下さい。

2015/07/16 (Thu) 19:12 | ぶれこみ #- | URL | 編集 | 返信

お待ちしておりました

こんにちは、ぶれこみさん。

貴重な活動をされているんですね。
【C3病棟@】は初回の保護入院の闘病記【B1病棟@】の続編です。
ノンフィクション小説なので、書くことを躊躇する事がしばしば有ります。

今回の措置入院で4回めの体験ですが、西日本最大級のマンモス精神病院が
これ程までに劣悪で、腐敗していようとは、体験しないと理解できない事ばかりでした。

隔離病室で、ひたすら綴ったメモを頼りに再現しています。
この貴重な体験は、多くの方に読んで頂くことで
精神病患者さまを含め、現代社会に生きる一般の方々においても
確固たる人間の生き様を通じて、何かしらのお役に立てると思い、執筆しております。

病気の解説や薬の説明などは他のブロガーさん達にお任せして
私は精神病そのものの根絶を目指しております。
統合失調症も躁うつ病も脳の前頭野における同じ部位の同じ病原で在るため、
脳生理学的においても、ほぼ同じ病気です。

ストレス社会の現在では発症率は25人に一人。遺伝的要因が加われば4人に一人。
この現状に着手して、立ち遅れた精神医学を多方面から模索する動きが有ります。
森田療法の応用もその一つです。私は10年を費やして「体験学的行動療法」を構築しました。
現在も己に言い聞かせて実行中です。過去のブログに散りばめて在ります。

今はその解もあってか、重責を担う仕事に明け暮れています。
休日の土、日は福祉の貢献の為、老人介護の仕事もしています。
死ぬ間際まで人間の尊厳は揺るぎないものです。尊い命です。

それに比べて精神病患者さんの多くが、現実を逃避され、
同病相憐れむ姿にやり切れない思いがしています。

病気ごとの自分を愛して頂きたい。受け止めて頂きたい。

「病気を知り、己を知れば、百戦危うからず。」

孔子の言葉が当てはまりますが、問題は何時も「己を知る」ですね。

2015/07/16 (Thu) 14:25 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

 こんにちは、初めてこちらのブログを拝見しました。
 これは、実話なのですか? あるいは、創作?
 精神科医が無能かどうかは差し置いて、病棟内どこでもはかなり荒んでいますよね。僕も、いままで4度入院しましたが、一度とて楽しかったことはありませんでした。いつでも、陰湿で憂鬱のが精神科病棟であろうかと思われます。
 また、ときどき、こちらのブログに伺います。

2015/07/16 (Thu) 10:58 | ぶれこみ #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント