Post

Prev   

【素直な心で】

tb9809oAl0ShP2y1371208450_1371209307.jpeg





青年の頃から私は挫折を知らなかった。
勉強が出来、足が速くて何時も一等賞だった。

歌も上手くて、絵も度々入賞した。
ルックスも良くて、足が長くて女子にモテモテだった。

売られた喧嘩は全て相手を血祭りにあげた。
こうなると当然親分肌で子分を沢山従えていた。

大学を出て憧れの外資系製薬会社に就職した。
交際費は使い放題。

厚生労働省との癒着にも気が付いていた。
治験データのDr.への依頼もお金目当ての賄賂だった。

泡銭でDr.と豪遊した。
其れも仕事だと疑いもしなかった。

女性関係も派手で、一度期は6人の女の子と同時に付きあった。
誰もが称賛の目で見るか、嫉妬の眼で見られた。

人間の感情で私が味わった事が無い嫉妬と言う感情は
後々の私の人生を狂わせる醜く汚い泥沼の様な恐怖を体験させた。


女の子と遊び疲れた頃、玲子と知り合った。
私は一人ずつ女の子と別れて行った。

最後の一人の子は自室で朝まで過ごして裸で泣きながら追いすがって来た。
私はその子が一生残る心の傷を付けるのを承知で、捨てた。。。

何時しか人の痛みが解らない怪物に成っていた。



玲子と結婚して浮気は一度もしていない。
と言うよりもやりつくしていたのだ。

沖縄に転勤と成り、
可愛い子供も二人儲けて幸せの絶頂期だった。

玲子は長崎の中小企業の社長(義父)の一人娘だった。
有る日、義父が末期癌だと知らされた。
どうか私に会社の後を継いで欲しいと告白された。

迷った。。。今の生活で十分満足しているのに
築き挙げたスーパーエリート社員として出世コースを驀進していたのに。

しかし玲子の実家が倒産するようなら、一生後悔する。
苦渋の選択の後に一家で長崎に帰った。
最後には男儀が勝った。

しかし其れからの生活は休み無しの仕事漬け。
社員からも跡取りとして白い目で見られる。

如何にか会社を立て直して優良企業の仲間入りが出来た頃、
義母との力関係で激しい嫉妬の感情をぶつけられた。

豪華な服、宝石、海外旅行と義母は留まる所を知らなかった。
設備投資の為に銀行融資や長崎県経営改善特別融資などを調達して
多額の連帯保証人に成っていた。

義母の嫉妬心は募るばかりで、私を会社から排除する計画を練っていた。
そして私がリストラ候補に挙げていた社員だけを会議に呼んで
その事実を明かした。

社員達に罵倒され「お前が出て行け!」と結論付けた。
「本当に私が居なくてもやって行けるのですね?」
義母は深く頷いた。

私はこの時初めて殺意を抱いた。




人生で初めての挫折の序曲だった。
会社は3カ月で倒産して、私の元には数億円の連帯保証額の請求が来た。

家族を守るために予め弁護士を雇っていたので最小限の被害で済んだ。
しかしこの頃からである。精神に破綻をきたし出したのは。

そして再就職先のベンチャー企業に勤め出して間もなく、
ストレスで一週間眠る事が出来なかった。

そこで心療内科の診断ミスで鬱病と間違われ、
パキシルを大量投与されてしまった。

此れから起こった大躁転の事実をご覧に成りたい方は
【B1病棟@】の小説をご覧ください。





私が人の痛みの解らない人間であったのは事実です。
しかしこうして躁うつ病に掛って地獄を垣間見て初めて弱者の視点が理解できました。

もしもこの世に神様が居るとしたら、
私と言う人間の欠落した部分を諭してくれたのだと思います。

人生と言う大きな波は一生を通じて均衡に平等に成る様出来ていると思います。
だから病状が悪くて辛い時期は永遠には続きません。

その苦労した分は死なない限り報われます。
躁鬱の波はその縮小版です。必ず何時かは凪が来ます。

その為にも無意味に抗ってはいけないと思います。
受け入れる側として「素直な心」で生き抜きましょう。。。






センゴクの花_convert_20130519094642





         風 蘭




      ポチッと応援して下さい!!
   ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Comment

enqvbvlulh@gmail.com

【素直な心で】 | もう一つの OneNote

2017/08/11 (Fri) 10:08 | DIN Y Type Strainer #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

qkhrrrv@gmail.com

新闻网

2017/08/09 (Wed) 12:50 | 资讯 #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

tzftqpq@outlook.com

【素直な心で】 | もう一つの OneNote
[url=http://www.ggo7r8otpc3n2057bqil83s25p00h818s.org/]ugrokzfkmr[/url]
grokzfkmr http://www.ggo7r8otpc3n2057bqil83s25p00h818s.org/
<a href="http://www.ggo7r8otpc3n2057bqil83s25p00h818s.org/">agrokzfkmr</a>

2017/03/24 (Fri) 01:26 | grokzfkmr #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Re: 非公開コメント様へ


お久しぶりです。
忙しそうですね。

私の挫折も一つの通過点です。
失ったものよりも得たものの方が大きく感じます。

光は既に探し当てました。
幸いにも私には玲子や家族が居ました。

この期に及んで迷惑なんてあり得ません。
私のブログで良かったら力にも成れるかもしれません。

己の信念を貫き通すのもまた生き方です。
存分に戦われて下さい。。。

2013/06/15 (Sat) 11:33 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/15 (Sat) 10:59 |  # |  | 編集 | 返信

通行人様へ


> …

あっちょんぶりけ!


2013/06/14 (Fri) 23:17 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

2013/06/14 (Fri) 23:09 | 通行人 #- | URL | 編集 | 返信

Re: 壮絶な過去ですね。 おひげのぱぱ様へ


もう私には読者さんの前で包み隠す事は無いのです。
それは精神病患者さん全体の「生きるヒント」に成る為に
ブログを綴っているからです。

有らぬ誤解も多く、偽善者の様に捉えられがちな私にとって
全てを公開する必要が有ります。

私の生い立ち、私の欠陥、発病のロケーション、そして寛解。
今はどんなに辛くとも生きてさえいれば必ず回復出来る事。

ただ単なるブロガーとしての風 蘭と言うより、
一人の回復者としてのメッセージを使命感を持って伝えなければ成らないと
強く感じています。

そして全ての精神疾患に苦しむ患者さん達と一緒に
一人でも多く苦しみが和らぐ事を願って綴り続けたいと思います。

過去の炎上では多くの方々に不快な思いをさせてしまって
申し訳なく思っています。

また現在の精神医療の立ち遅れから、危機感を募らせています。
現実味を帯びた活動に私は脳を提供する覚悟です。
後は娘に託します。

こんな素晴らしい人生の閉じ方は他に有りません。

私は精神病に成って漸く本物の人間に成った様な感じがします。

おひげのばばさんとも同じ匂いです。。。

2013/06/14 (Fri) 22:36 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

壮絶な過去ですね。

ここまで語られるとは驚きました。そして少し自分と同じ様な匂いがしました。

コメントのお返事は改めてさせていただきますね!

2013/06/14 (Fri) 21:54 | おひげのぱぱ。 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。