Post

Prev   

寛解の先に待っているもの

センゴクの花_convert_20130519094642





休日の朝だと言うのにサクラから6時に起こされた。
コーヒーをドリップして淹れてパンを2個食べる。

薬を飲んでメンソールのタバコを胸一杯に吸う。
サクラの朝食を作り、洗濯をする。

テーブルとカウンターキッチンにワックスを掛けて
サクラの排泄物を処理する。



昨晩は妻の玲子から上気した声で
ミスチル公演が如何に素敵だったかを伝えてきた。
今晩も同じ2回目の公演に沖縄宜野湾ホールへと向かう。

一人の部屋からは深々と音が聞こえてくる様だ。
お昼御飯は何にしよう。

夕ご飯は行列が出来るラーメン屋さんで良いだろうか?

明日の息子のお弁当はどんなオカズが良いのだろう?

出来る限り玲子が帰って来た時は
以前よりも綺麗に部屋を片付けておきたい。


優しい息子の言う事だったら何でも叶えてやりたい。
二人きりの生活なんて早々はやって来ないんだから。



躁うつ病の寛解期の先にはいったいどんな事が待っているのだろう。
5年後、10年後の再発だってあり得るらしい。

原則として今を大切に生きるより仕方が無いのだが、
疲れが取れずに、本当は眠っていたい。

来週からの長崎イベントの成功の為の考えが頭から離れない。
辛いと思えば辛いけど、こんな事、
健常者さんだって皆同じ思いをするのだろうから。

舞台に上がるプロの役者ほど緊張すると聞く。

病前の私は仕事漬けで視野も狭かった。
遺伝的要因もあって成るべくして成った病気の様な気もする。



苦しい道のりは相変わらずだが、
今の自分の方が好きだ。

寛解の先に待っているものは
出来なかった事が出来る様に成る事では無くて
きっと病気ごと受け入れる事なのかもしれない。

それ故に現状維持は難しく、努力が必要な事だと思う。

だから少し疲れていたって、家族の為なら喜んで御飯も作れる。
愛するものが有るって其れだけで幸せな事なんだろう。



私のブログはアウトローで超ポジティブなんですが、
私のものの視点は間違っていないと思います。

病状も様々でしょうが、何かしら回復のメッセージの一つ位は
読み取って頂ける事を願っています。

最終的には「生きて、生き抜いている」だけで
誰かの為に成っていると思います。

今の精神医療の遅れでは
私も残りの人生は障害者として生きるより仕方が有りません。

しかしそんな事は如何でも良いのです。
全て受け入れて足元の幸せを拾い集める事にしました。

躁うつ病に成ったからって有る程度自己コントロール出来る様に成れば
まんざら悪い事ばかりでもない様です。

出来る限りの治療をすれば其れなりの回復が出来る様に成ります。
マイペースで焦る必要も有りません。


さてと、可愛い息子の為に手料理の買い出しに行きましょうか。

疲れは残っていますが、息子の喜ぶ顔の為なら如何って事ありません。

私は躁うつ病に掛っても

幸せ者なんです。。。





バンド_convert_20130413203424







         風 蘭




      ポチッと応援して下さい!!
   ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Comment

ucpcaovo@gmail.com

I’ve been browsing on-line greater than 3 hours as of late, but I by no means found any interesting article like yours. It is beautiful value enough for me. Personally, if all site owners and bloggers made just right content as you probably did, the web will likely be much more helpful than ever before. “Learn to see in another’s calamity the ills which you should avoid.” by Publilius Syrus.
copy tiffany s necklace http://www.howtowearjewelry.com/tag/replica-van-cleef-arpels-alhambra

2017/07/20 (Thu) 04:31 | copy tiffany s necklace #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

alpibqg@outlook.com

寛解の先に待っているもの | もう一つの OneNote
<a href="http://www.gj9kf3w5bvr17r6332p81dhf4m77vc23s.org/">awdysnfxbm</a>
wdysnfxbm http://www.gj9kf3w5bvr17r6332p81dhf4m77vc23s.org/
[url=http://www.gj9kf3w5bvr17r6332p81dhf4m77vc23s.org/]uwdysnfxbm[/url]

2017/03/24 (Fri) 01:42 | wdysnfxbm #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Re: こんにちは  ゆず様へ


初めまして、ゆずさん。
貴方様も寛解組なのですね。

悟られたのですね。。。
私の持論に「人生平等の法則」と言うものが有ります。

如何に幸福そうな人生も、苦労ばかりの人生も
生きた長さや短さも全て寿命を全うすれば
その生きた密度は平等であると言うものです。

だから自分で自分を苦しめる事は無意味な事で、
仰るように有るがままを受け入れる事に生きる意味が見出せると思います。

私達は躁うつ病の苦悩を通じて人生の貯蓄を前倒しにしているのです。
確かに貴重な体験です。

苦悩の果てに素晴らしい人生が開ける事を信じて
生きていれば如何にかなります。

私も発病前よりも今の自分が好きですし、
幸せを感じ取る能力も格段に上がっています。

最近私のブログに深刻な悩みをコメントされる方が増えています。
私が生きている役割の一つだと考え、真摯にお答えしています。

又一人ゆずさんの様な寛解者の方が賛同いただけて
とても心強い思いです。。。


2013/06/10 (Mon) 22:03 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

こんにちは

かんかいの先は、楽になりますよ。自分で自分を苦しめていた。あるがままの自分で良かったということが感じられます。
躁鬱病というだけで、他の人には体験できない素晴らしい修業、体験をしているのですから。

2013/06/10 (Mon) 18:21 | ゆず #3fP8K/.I | URL | 編集 | 返信

鍵コメ様へ


初めまして、鍵コメさん。
大変お辛い心境が伝わって参りました。

私の様なものが人様の人生を左右する様な事を述べて良いものか
コメントの内容が内容だけに戸惑っています。

診断が双極性障害2型で、リーマスの血中濃度が上がらずに
副作用のみ酷い状態で血中濃度以下に減薬、
この時点でリーマスの効果は期待できないはずです。
ラミクタール追加で有る程度効果が有り併用。
抗鬱剤なども服用中ですね。

私もラピットサイクラーですが、薬では躁気味でリスパダール、
鬱気味でエビりファイを予兆を察知して事前に服用するよう主治医から管理を任されています。

双極性障害はこれまで、1型と2型という独立した疾患として診断されてきましたが、
1型と2型の間には移行型もあるそうで、これらの診断を満たさなくても
双極性障害に準じた治療が必要なケースもあることで、
双極性障害の概念を連続的な「スペクトラム障害」として考えようという動きが出てきています。


双極性障害を抱えてフルタイムで働く事は確かに困難を極めます。
だから私は仕事に時間では無く密度を磨いて来ました。
結果さえ残せば誰も何も言いません。

確かにそれさえも出来ない状況の人もいらっしゃいます。
看護師も過酷な仕事ですね。

息子さんの為に看護師として正社員として働いて
肉体的にも精神的にも限界だと思います。

毎日が辛くて泣きながら仕事に行かれている状況は打開しないといけません。
主治医はキチンとした精神科医でしょうか?

仕事に行けて、日常生活が出来ているから大丈夫なんてまるで病状の重さが理解できていません。
精神科のセカンドオピニオンを探しましょう。
このままだと一家心中だってあり得ます。

職場は折角資格を取れている看護師を続けられた方が良いと思います。
ただし、通常勤務から外して貰い、無理のないシフトを組んで貰うよう
セカンドオピニオンから診断書を書いて貰いましょう。(主治医に理解があればそれで良いのですが)

私は主治医の処方方針にも病状の把握の足りなさにも不信感を抱いています。
少し怒っています。。。

また、お子さんへの遺伝的要因の心配の件ですが、
精神科への受診と言うまでの症状なのでしょうか?

親なら誰もが心配する事です。
私の子供達も私達夫婦が生きている限り見守る覚悟です。

多分、娘はそれも有って奨学金だけで医者に成りました。
苦労は掛けましたが、子供には適正が有って育てるよりも育つものだと思います。

息子さんの為にも少し意識改革致しましょう。

今の病状をキチンと主治医に伝えましょう。
多分聞き入れて貰えないと思うので精神科のセカンドオピニオンを慎重に探しましょう。

仕事の負担を減らす様にシフトを変えて貰うよう診断書を書いて貰いましょう。

同時に生活の為に精神障害者年金の申請の手続きを取りましょう。
働きながら精神障害者年金を受給されている方も多くいらっしゃいます。
それだけ年金に関する意識が高い方が受給される事に何もやましい事は有りません。

少しでも病状を安定させるために私は精神療法が有効でした。

不安が少しでも解消されて、病状が安定され、負担の少ない看護師の仕事と
其れを補う年金で息子さんと回復の過程を歩まれる事を願います。。。


2013/06/10 (Mon) 13:49 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/10 (Mon) 05:38 |  # |  | 編集 | 返信

あおぶうとん 様へ


ブログ何時も拝読させて頂いてますよ~。
安定と回復が続いている様子、大変嬉しく思います。

しかし私は心配症ですから、皆さんの様なコメントが出しにくくてすいません。
陰ながら応援と言う事で暫しご勘弁を。


息子と私は毎朝お弁当です。
明日も私が作ると言い出したのですが、流石に息子から止められました。

確かに息子は人様に偏見など抱かない立派な青年に育ってくれました。
私の発病と言う大きな代償を払いましたが。。。

元来、娘よりも頭のいい子でしたので、余計に不憫です。
きっとあおぶうとんさんの様な優しくて人の痛みが解る人間に成るでしょう。


私がプレゼントしたプランターの苗がどんどん成長して実を付け出しています。
毎日の水やりが楽しくて堪らないと言います。

後は誕生日のプレゼントのエアロバイクでトレーニングを欠かしません。

安定した私からのプレゼント故に嬉しさもひとしおなんでしょうね。
彼は彼なりに今が人生で幸せな時期なんです。

引き籠りは治りませんので、あおぶうとんさん、
何方か紹介して下さいませ(笑)

2013/06/09 (Sun) 19:36 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

息子さん社会人でお弁当を作るってすごいです。
病気になったことで家族が大変だったという悲しみは消えませんが、もし今後病気の方に接する時があればお子様の接し方、考え方は違ってくるのではないでしょうか?
お金をたくさん持っているより色んな経験の中で学び、それを思いやりに出来たならそれは生きていくうえで一番の財産だと思います。
私も父が若く認知症になり思うことはたくさんありましたが、良い経験をさせてくれたと今は感謝しています。
いつも息子さんは「引きこもり」とおっしゃっていますが、これから生きていく中で家族以外の助けてくれる人、助ける人と巡り合っていけたらいいですね。

2013/06/09 (Sun) 19:04 | あおぶうとん #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント