Post

Prev   

明るい未来

今夜は吉報が入りました。
なんと娘が結婚するのです。

3月25日に彼氏から正式に挨拶に来るそうです。
予想していたよりも随分と早い展開です。

きっと顔を真っ赤にして「お嬢さんと結婚させて下さい。」
なんて言うのでしょう。

私はきっと和やかに「不束な娘ですが、宜しくお願いします。」
と言うでしょう。


躁うつ病に犯されながら社会復帰して此処までこれて本当に良かった。
ろくでもない父親ですが、心がけていた事が有ります。

それは魂まで曇らせては成らないと言うことです。
病気にもとても大切な要素です。

健全な人と付き合い、不健全な方は避けて通る。
回復のプロセスに成ります。


憎しみは憎しみしか生まない事が解りました。
だから私は方向転換して成るがままのブログライフを楽しむ事にしました。

明るい未来が見えてきました。

また一歩前に進めた様な気がします。。。



桜1



鳳 凰 殿



ポチっと応援お願いいたします!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

zxgxdwm@outlook.com

明るい未来 | もう一つの OneNote
[url=http://www.gxk7y0u152oes555w2k605l8jwjf327ks.org/]ucvhovyjci[/url]
<a href="http://www.gxk7y0u152oes555w2k605l8jwjf327ks.org/">acvhovyjci</a>
cvhovyjci http://www.gxk7y0u152oes555w2k605l8jwjf327ks.org/

2017/03/25 (Sat) 09:48 | cvhovyjci #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

mistook さまへ

こんにちは、mistookさん。

共に喜んで頂き、有難う御座います。
そうですね。。。今の心境は重責からとかれた様な、ホッとした様な感がします。

余りに私たち家族は過酷な運命に翻弄され、一家離散の危機も有りました。
それだけ躁うつ病を抱える家族の方々は共に苦労を虐げられます。

這い上がれなければそこまでです。
時間とともに朽ち果てるのみです。

どんなに重症であっても支えてくれる家族のおかげで今の私があります。
死ぬ事よりも重大なことは己の精神がバラバラになってしまう事です。
それはもう単なる生きる屍です。
大切な自分の精神を鍛え上げ、家族の為に再び社会復帰する仲間もいます。

一概に人は人の中身等判断できません。
私の回復のプロセスは薬にも過度に頼らず、精神をコントロールすると言う
困難な選択を選びました。
そして満足のいく結論が出たと思います。

類は類を呼び、清き魂の下で喜び合うのです。

mistookさんと知り合えて良かった~。


2012/03/21 (Wed) 12:14 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

天晴

鳳 凰 殿さん。吉報、よかったですね。どのような気持ちなのでしょう。僕の娘はまだ小学生なので、そのようなことに自身が直面したことがなく想像の域を脱しませんが、写真のように穏やかに桜咲くという気持ちでしょうか。

魂を曇らせず、回復のプロセスを歩んできた足跡は、ヘラクレスの選択とも言える道程だったのでしょうか。

僕は今、曇りない青空が目の前に広がったような気持ちで、モニターごしに微笑んでしまいました。喜びは喜びを生むのですね。

天晴です。

2012/03/20 (Tue) 23:45 | mistook #6yPNJGJA | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント