Post

Prev   

BBS障害者年金について

子供達3_convert_20121211130532




先日の風蘭氏からのコメントについて - ゼラニウム
2013/05/20 (Mon) 02:50:06
基礎年金も障害者年金も天から降って来るものでは有りませんよ。
私が記事で綴っている様に国民の血税で成り立っています。権利では有りません。
そんな認識の甘さが病気を助長して居るとも思えます。

公的年金の基本的考え方
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=882
(1)世代間扶養の仕組み
 公的年金は、
 個人が納めた保険料を積み立ててその運用益とともに個人に返す(=積立方式)のではなく、
 現在の現役世代の納める保険料によって現在の高齢者の年金給付を賄うという、「世代と世代の支え合い」、
すなわち世代間扶養の仕組み(賦課方式)によって成り立っています。
※仕組みには国庫負担金は入っていません。
(3)公的年金5つのメリット
 世代間扶養の仕組みをとっているからこそ、
 <メリット・その1> 賃金や物価に応じて給付額をスライド
 <メリット・その2> 受給権者が亡くなるまで年金を支給
 <メリット・その3> 万一の場合の障害・遺族年金も支給
 といったことが可能になっているのです。
 さらに、公的な制度であるからこそ、
 <メリット・その4> 給付費などに対する国庫負担が行われること
 <メリット・その5> 支払った保険料は税制上、所得から全額控除されること
           (社会保険料控除)
 など、私的年金にはないメリットがあります。

国庫負担とは
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/pension/%E5%9B%BD%E5%BA%AB%E8%B2%A0%E6%8B%85/m0u/
 公的年金制度は、全国民共通の基礎年金(国民年金)と厚生年金などの被用者年金(報酬比例)
 の二階建てから成るが、基礎年金については国民が負担すべき費用の一部を国が負担している。
 これを国庫負担という。この国庫負担割合が、平成16年の法改正により、
「3分の1」から「2分の1」に引き上げられた。なお、実際には、段階的に引き上げられ、
 引上げの完了時期は、平成21年度までとされた。

年金受給資格
http://www.syougai.jp/faq/faq0001.html
1.年金加入中に初診日があること(年金加入要件)
2.一定の障害の状態であること(障害状態要件)
3.一定期間以上の保険料納付(免除含む)をしていること(保険料納付要件)
※2.については
国民年金・厚生年金保険 障害認定基準
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=6761



国庫負担金の事を血税とお考えの方がいらっしゃるようですが、
仕組みには、
現在の現役世代の納める保険料によって現在の高齢者の年金給付を賄うという、「世代と世代の支え合い」、
すなわち世代間扶養の仕組み(賦課方式)によって成り立っています、とありました。
仕組みには国庫負担金は入っていません。
(仕組み=構造。組み立て。パーソナル現代国語辞典より引用)
国庫負担は法改正によってはゼロにすることもできるのです。
それで私は血税、税金でまかなわれているのではなく、
保険料によってまかなわれていると思っています。

年金受給資格
2.一定の障害の状態であること(障害状態要件)
3.一定期間以上の保険料納付(免除含む)をしていること(保険料納付要件)

きちんと保険料を収めて年金受給者を支えてきた人が、
障害があると認定(素人が判断したのではなく、手続きを踏んで認定)されて、
今度は支えてもらう側にまわる、
つまり立派な受給資格がある人が受給する、そのことに何の問題があるのでしょうか?


終わりに
ここに来られる殆どの思慮深くて冷静で親切な皆様へ。
みなさんがいつも論理的な思考で冷静に書き込んでいらっしゃるのに、
私が感情的に書き込んでしまったことをお詫びします。

心無い言葉に自分が踏みつけられたような気がしていまいました。
でも、「借りたお金を踏み倒した」ことと「年金受給者に対する批判」は別のことですので、
売り言葉に買い言葉のような汚い書き方は良くなかったと思います。すみませんでした。
私自身は年金も公的援助も受けたことはありませんが、
いつかまた、以前のようにすごく具合が悪くなって、
自分で立ち上がることができなくなり、自分で自分をまかなえない日が来るかもしれません。
そうなったら、私はしかるべき手続きをして、支えてもらおうと思います。
誰しも自分が同じ立場にはならないとは言えないのです。
そんな人たちのための制度を利用するのを
なぜ心無い言葉で非難されないと言えないのでしょうか?
自立が難しい方に簡単に「持論」を押し付けたり、批判して欲しくはない思いです。
病状も回復の過程も様々で、それこそ同じ形は一つもないのですから。



税の財源が国民の血税で有る事位ご理解下さい。
国庫負担の影響として、近い将来、消費税等の税金が高くなるでしょう。
当面は、財政投融資特別会計の金利変動準備金を充てるようですが、少子高齢化の状態にあっては、
当然、足りなくなるでしょうから、税金アップという手段がとられると思います。




なんでもカチカチ頭で良いように解釈して居るのは茶番です。
まさに恥の上塗りですね。。。



蛇_convert_20121228223116



         風 蘭




      ポチッと応援して下さい!!
   ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

Comment

vlpibbg@outlook.com

BBS障害者年金について | もう一つの OneNote
[url=http://www.g28rbak35d0d39890q8dx446fwbpy8g0s.org/]uzzkzrycvk[/url]
<a href="http://www.g28rbak35d0d39890q8dx446fwbpy8g0s.org/">azzkzrycvk</a>
zzkzrycvk http://www.g28rbak35d0d39890q8dx446fwbpy8g0s.org/

2017/03/25 (Sat) 13:38 | zzkzrycvk #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

riko 様へ


余り知らされていないのかも知れませんね。
障害者年金は記事の様に少し複雑な仕組みです。

当然の権利と勘違いされる方が多いのですが、
財源は国民の税金です。

だから私は自覚だけでもきちんと持って頂きたいと思うのです。

私は働けても後7年。
子供達のお世話にも成りたくありません。

その頃には病気の解明の為に
私も一肌脱ぎたいものです。。。


ポチ有難う。

2013/05/21 (Tue) 21:38 | 風 蘭 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

そのような年金があるんですね

知らなかったです

どうしても・・・って時には、有難いですね

今は、お仕事されてるんだから・・・
年金を貰わなく、すむんだったらそれが一番ですけどね

人間、分かりませんから・・・今は目の前の奥様と息子さん、そして、サクラちゃんとの生活が一番

大丈夫ですよ

ポチ

2013/05/21 (Tue) 19:53 | riko #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント