Post

Prev   

傷   心

妻の漬けてくれた胡瓜の漬物をポリポリと囓りながら、
傷心の私は少し唐辛子が効きすぎていると思いました。

おでんも美味しかったし、焼酎も少しだけ頂きました。
でも心の隙間は埋めることが出来ません。

やり直すチャンスも有りません。
こじれた糸は切るしか無いのでしょうか?

伝えたい想いは全て織り込みました。
それでも尚、拒絶されました。

もう私に出来ることは何も有りません。
ただ無力感に押しつぶされるだけです。

こんな風の強い日には身を潜めているだけで精一杯なのです。。。



枝と風




鳳 凰 殿



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ ノンフィクションへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

cdfmar@gmail.com

cartierlovejesduas O REFIS só foi reaberto por causa d a globo! Que se lembra ha 2 meses a reunião, no planalto, dos Marinhos com a presidenta? Nada é por acaso.
falso anello di fidanzamento cartier http://www.aaawatch.cn/it/

ewhxpkbmq@gmail.com

傷   心 | もう一つの OneNote

2017/08/11 (Fri) 14:06 | Optical Cable #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

gcrreceegyj@gmail.com

傷   心 | もう一つの OneNote

2017/08/09 (Wed) 14:56 | LED Segment Display #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

opabszrintf@gmail.com

傷   心 | もう一つの OneNote

2017/08/09 (Wed) 12:57 | Medical Doors #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

gtnjhkcmlz@gmail.com

傷   心 | もう一つの OneNote

2017/08/08 (Tue) 17:47 | Color Steel Sandwich Panel #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

fvqfxnp@outlook.com

傷   心 | もう一つの OneNote
[url=http://www.g4k99lj77b9393o55qt6sm417vbscl4ps.org/]uvzqfxxpblb[/url]
vzqfxxpblb http://www.g4k99lj77b9393o55qt6sm417vbscl4ps.org/
<a href="http://www.g4k99lj77b9393o55qt6sm417vbscl4ps.org/">avzqfxxpblb</a>

2017/03/26 (Sun) 00:45 | vzqfxxpblb #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

オリーブさまへ

今晩は オリーブさん

私もこの騒動で信頼を無くす様な言動を多く使ってしまって、
不愉快な思いを多くの方にさせた罪はま逃れません。

本来ならば躁鬱カテに戻って謝罪すべきところでしょうが、未だに火種があると思います。
まだ時間をかけてお詫びをしたいと思っております。

オリーブさんが言われます様に、私は馬鹿正直に中の良い親友として激励のコメントを
言葉を選びながら送ってしまいました。

だれも気付いていても決して言葉に出せないタブーを犯したのです。
友達以外に誰がそんな損な役を買って出るのでしょう。

しかし結果は私の独りよがりでした。
彼も傷つき私も傷つきました。

そこへ正義感を誤解して燃やされた方が現れて「魔女狩り」が始まったのです。
私もラピット型ですので、直ぐに悪乗りするのです。

ただ、今回は集団暴行と個人情報の暴露による実生活まで脅かし得ない
バカ騒ぎへとエスカレートしました。

集団心理で踊らされる方々は何より陶酔しており危険な精神病者です。
私は最小限のダメージでエスケープして日本ブログ村の判断に託しました。

結果はご覧の通りです。

オリーブさんの真心はしっかりと私に届きました。
正義感の溢れた方だと尊敬いたします。

あいにく私は少し鬱状態に入りつつあります。

オリーブさん、宜しければ友達になってください。

私は何時でも正直ですよ。。。




2012/03/05 (Mon) 20:56 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

今回のことは、仲のいい方への激励のコメントとわたしには
思えました。
だって、友達の指きりをしてコメントを風蘭殿にしていたくらいですから。
貴殿が誤解されても、仕方ないことだと思っています。

ただ、物事には相手の捉え方があります。
素直に受け入れられない時、充分に相手の状況を把握できていないときなど、様々なタイミングがあったと思います。

今でも、拒否されたということは、相当なダメージだったのかもしれません。

ですが、このようなことを長くひっぱっていては、病気はよくなりません。

風蘭殿も、相手に執着せず新たな道を進むべきだと思います。

あなたは、本当はいい人だと思います。

ですが、もう少し、熟慮してコメントをする方がよいような気がします。
(充分、熟慮の努力をされているのはみとめます)

今回のあなたのコメントは間違ってなかったとわたしは、思います。
ただ、相手が受け入れられなかった。
それだけです。

勇気をだして、謝ったあなたの勇気をわたしは尊敬しています。

今まで、文句言ったこと、ごめんなさい。

自分の胸にしまっておくべきでした。

2012/03/05 (Mon) 00:56 | オリーブ #eyq0fUPU | URL | 編集 | 返信

各務さまへ

今日は 各務さん

何時もご忠告有難うございます。
確かに今ではでしゃばり過ぎのコメントだったと思います。

「甘えていませんか~」は本人にとっても書き手にとっても
躁うつ病を患っているものにはタブーだったと思います。

たとえどんなに親しい間柄でも反感を買う恐れがありました。
私も小さな躁の波が来ていたのかも知れません。

しかし病気を克服しつつある私がメッセージ性の有る記事や
コメントとなり得ることは無意識に綴られることが多いのです。

「私」から「あなた」へと主体を変える事は幅広く相手の事を理解しなければならない事です。
交流に時間と人となりを見定めないと出来ない事です。

各務さんが何方かは調べませんが、何時も好感を持って読ませて貰っています。
しかし私が残した記事やコメントまでさかのぼって記憶する限り
「私」ありきが多かったと思います。
私にアドバイスされることの主体自体は「各務さん」ですか「私」でしょうか。

私は未熟者です。好意と受け取っても宜しいでしょうか?


2012/03/02 (Fri) 12:44 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

こんばんは。

貴殿が仰る通り、貴殿は相手に良かれと思ってコメントされたのかもしれません。

しかし、問題は貴殿の心中ではないのです。
コメントする際、他人との人間関係を築いていく際に重要なことは
「自分はこういう理由だった」「自分は相手を心配していた」
「自分は相手にとって良かれと思った」等、「自分」を主体とするものではなく、
「相手がどう感じるか」この一点を重要視する必要があります。

貴殿の発言は、「私はこう考える」「私の性格はこう」「私のやり方はこう」
と「私は」というI(アイ)メッセージで終始しておられるようです。

貴殿が「私は」を重要視されるように、受け手にも「私は」という
自我や自尊心や信念があり、そこに踏み込まれた時、蹂躙・迫害と
感じるのです。

過去の貴殿の記事やコメントを読み返してみることも大切かもしれません。
今後、貴殿のIメッセージを、「あなたは」を主体にしたYouメッセージに
少しずつ変えてみては如何でしょうか。

2012/03/01 (Thu) 23:12 | 各務 #K9nGsnWU | URL | 編集 | 返信

各務さまへ

今晩は

私が言いたかったのは現実の話です。
その判断は私にしか解りません。

ネットの世界は恐ろしいところです。
私の判断なんてお仕着せにしかありません。

確かに人間関係の距離感を感じています。

かつての盟友についてはご想像にお任せしますが、心配はかけているみたいです。
余りに多くの敵を作りすぎるからだと思います。

私の言葉には衝動的なところがあり、人を不愉快にさせるのでしょう。

如何にも相手方から気を使って頂いて思いやって頂いたので関係が得られていたのでしょう。

悲しいですね、認識の違いというのは。
そして読者さんとの距離感というのも大きな開きが出来てしまいました。

私も今回の炎上騒ぎも含めて気持ちが萎縮してしまっています。
私の自己満足から相手にコメントした覚えは有りません。
大切だと思える方には全力でコメントしたつもりですが、
それが迷惑だと感じられてはどうしようもありません。

相手側への思いやりの形が違うだけで愛情は込めてきたつもりです。
これが私の表現方法だとすれば、コメントなんて始めからすべきでは無かったですね。
わざわざ嫌われる要素がある危険なメッセージなんて友達だったと勘違いしなければ
することは有りませんでした。

心理学的にどう判断されますか?






2012/02/29 (Wed) 22:46 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

友達が方向を誤ったらビンタでもと書いておられますが
そもそも、貴殿が友達と認識している相手方は貴殿を単なる知人でしかないかもしれません。人間関係の距離感というものは得てしてそういうものです。

貴殿のブログは以前より拝見しておりますが、過去にもシド様やてら様など貴殿に好意的で理性的なコメントを残す方々がおられました。
貴殿は、盟友といっておられましたが、奇しくも彼らは貴殿の元を去っていかれましたね。

それらの原因について精査されたことはありますか?
おそらく、貴殿と彼等の距離感の認識の違いです。
彼等が好意的なコメントを書くからといって、貴殿を全面的に受け入れている、評価しているということではなく、彼等は彼等で貴殿の欠点も認知しながらも柔らかに受け止めながら、貴殿が傷つかぬよう最大の配慮=優しさや思いやりを持ってお付き合いされていたものと見えました。

貴殿にとって、大切な相手がどのような病状にみえようと、どのような距離感であろうと最大限考慮すべきは相手側への思いやりです。ビンタをするという行為は、相手に考えさせ相手を変化させようという貴殿の能動的行為です。
それを人は自己満足と呼びます。

人を変化させようとする行為は、心理学的に「侵入」「操作」といわれます。
それは、貴殿の問題行動であり、相手方の問題ではありません。

貴殿は今一度、心理学について学ばれたら、もう少し他人に配慮したコメントが出来るのではないでしょうか。

2012/02/29 (Wed) 21:38 | 各務 #K9nGsnWU | URL | 編集 | 返信

まりあ さまへ

こんにちは まりあさま

本当に人様の心は思い通りになりません。
安易なコメントで人様を傷つけ、ブログ休止まで追い込んだりしてしまいました。

少なからず私の心も傷つき、鮮血がだらだらと流れ落ちています。
百人の敵よりも一人の味方(理解者)を望んでいたのかも知れません。

未だバッシングが続く中ではありますが、
きちんとお詫びがしたくてコメントを入れました。

しかし完全にフラれた形でしたが、悔いはありません。
早期の復帰をされる事に安堵もしています。

精神の病では踏み込めない領域があります。
皆さん各々違う角度から闘病されています。
何が正しくて何が間違いなんて無いのかも知れません。
その考え方のグレーゾーンを今は模索中です。

とかく白黒付けたがる病気ですので、単純といえば単純ですが、
私が以前から発してきたコメントを見て、今回のコメントの真意が真っ黒ではなく、
グレーな要素を多く含んでいると感じ取れる方は
果たしてどの位いらっしゃるでしょうか?

躁うつ病と共存して生活をする上で人間的成長は避けては通れません。
私は現実の世界ならば友達が方向を誤って進みそうな時には、
ビンタの一つでも食らわすでしょう。
それくらいの覚悟がなければ、友達とは認めません。

これは私の気質がそうさせているのであって病気とは関係ありません。
でもまりあさまの様に穏やかに達観出来る方の人生の裏側と言うものは
並みのご苦労では無かったと思います。

私も何時までも傷心している訳にはいきません。
家族の為にしっかりと働かなくてはいけません。

まりあさまも御主人さまと力を合わせて残りの人生を謳歌して下さい。。。



2012/02/29 (Wed) 13:01 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

Re 傷心

こんばんは。 躁鬱病の夫と 暮らす まりあです。
もう 覚えて いただけたでしょうか?

「良薬 口に苦し」 と言うでは ないですか?
傷心も 鳳凰殿さんの 「人の気持ちが わからない」と自負される
鳳凰殿さんには 「良薬」になるやもしれませんよ。
人生 なかなか 思い通りには ならないものです。
人様の 心は もっと そうです。
それを 学ばれただけでも 鳳凰殿さんは 少し進歩なされたと
思いますよ。
一度 失った信用は そう やすやすと 手に入るものでは ありません
でも それで 学ばれた事も 多かったと 私は 思っています。
「傷心」 良い では ありませんか。
ご自分の 心の 「肥やし」に なさって 精進なされれば 良いの
です。 鳳凰殿さんの お心が 豊かに なって 一つ 進歩なされた
事と 私は 思いますよ。
たまには 錠剤では ない お薬も良いものです。
人間として 成長するビタミン剤です。

奥さまの 言われる事を 守られて ご家族を大切に。
「傷心」 良い お薬だったと 思われて
ぐっと 飲み干しましょう。かげながら 応援させて いただきます






2012/02/28 (Tue) 22:39 | まりあ #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。