Post

Prev   

金木犀の花の咲く木の下で

麻衣子
土曜日なのに朝から仕事に追われている。
途端に猫娘の麻衣子から猫のコムギの去勢手術の予約が10:00からなんだけど、
何とかアッシー君できないかな~なんて頼まれて、急遽仕事の段取りを変更して
アップアップしている 鳳 凰 殿 です。

これもそれも忌まわしい交通事故のせいである。
ア○オイ損保は「法的に言ってオペルの査定額は15万円までで、その額の1割負担になります。」
ヤナセからの修理費の見積もりは49万円、差額は手出しをしろってか!!??

早々に弁護士と交通安全協会に連絡。決して泣き寝入りはしない。
「絶対に言いなりになってはいけません。オペルに愛着があり、元に戻してもたう権利を主張して下さい。」

やはりア○オイ損保は詐欺師の集団だった。
すかざず私も参戦!「一番トップを出せ!何が15万の査定で後は手出しじゃ~!」
「オタクの対応で妻は鬱病が悪化、娘も仕事に支障をきたし、タクシー代の手出しが山のようにある。」
「オタクとこの立件で公に裁判起こしても良いんだけど、どうするね!!」
「このまま娘にも妻にも謝罪もしないようなら、オタク、潰すよ!!」

ああスッキリしたってストレス発散してどうするんだ?

その後猫娘を迎えに行って動物病院まで連れて行ってやって、昼ごはんを行列ができる美味しいうどん屋で
妻も待ち合わせして3人で肉うどんを食べた。コシが非常に強く、行列が出来るだけはあってホント美味い。

それから、麻衣子の誕生日の為のプレゼントを物色して
バーバリー・ブルーレーベルの高級バックが気に入ったようだった。

可愛いワンピースも良かったのだけれど、丈が短いデザインで落選。
職業を記入欄に記載して、店員から「うっそ〜!お嬢様、容姿も頭脳も素晴らしいなんて憧れます~!!」
なんて言われてご満悦。親はちっとも凄いことなんて思っていないのに。。。

夕方になり麻衣子を動物病院に送る車内での会話。

「どうしてもう少し痩せようと思っているのに、実行に移せないの?」
「薬の副作用だと思う。気力が毎日の生活でイッパイイッパイで体を鍛える気がしない。」

「何で直ぐに全部薬のせいにするの?気持ちの問題でしょう?」
「その気持ちが湧いてこない薬を長年飲んでいるから気力が出ないんでしょう?」

「不毛な会話だわ。何故担当医はそこの所の説明をしていないのかなあ。」
「担当医とは対等な関係だ。無暗に精神論を振りかざしたり、薬の増量なんてしない。」
「麻衣子も場数を踏めば解るよ。精神病の病状がどれだけ千差万別で、その処方薬がどれだけ難しい事か。」

麻衣子は私の事を患者として見ているのか、父親として見ているのか不明であった。

ただ、鼻持ちならない娘だという事は確かだ。一定の距離を置く必要がある。
私は今更父親ぶるつもりは無いが、妙に見下されて威圧感を感じる。

今までの努力は認めるが、医者になったら偉い人になる訳ではない。
そこの所をもう少し真摯に考えて欲しいものである。

明日はドクター麻衣子の誕生会を開く。
御年27歳になり結婚間近な幸せの絶頂期の娘である。

疲れて家に帰ると金木犀のあの少女の様な香りが漂っていた。
もうハロウィン用のイルミネーションを飾ってある。

明日で一気に駆け抜けた9月が終わる。。。


金木犀とイルミネーション_convert_20120929205833  サクラ14歳_convert_20120929205904
咲き誇る金木犀と14歳になったサクラ


鳳 凰 殿



ポチッと応援して下さい!!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
関連記事

Post Comment

  
非公開コメント