Post

Prev   

私の最後の仕事

昨日は近所の夏祭りで、息子に一緒に行こうかと問いかけたが
「もうそんなのは卒業した」とあしらわれた。

仕方なく妻と二階のベランダに登って花火を見ようとしたところ
去年まで見えていたのに目の前の木が大きく茂りすぎて全く見えなくなっていた。

それでも負けない妻は、エアコンの室外機の上に乗っかり背伸びして写真を撮っていた。
私は遠くで花火が上がるドーン、ドーンという音だけで満足だった。

一年の歳月は庭の植木をこんなにも成長させるものなのか、取り残されたような気分にさせる。
変わったのは私だって同じです。

何時も周りが変わってゆく様に感じていたが、
実は大方自分の気分がラピット特有な波で押し寄せては引いているのだろう。

仕事も責任感が増してストレスを強く感じているのではなく、
私だけが捉え方を変化させているようだ。


様々な観点から今現在の私の感じている事を記事に綴っていますが
私だけが一貫性があると思っていたって、矛盾が出てしまう。

それも全部含めて私であり、病状かも知れません。
変わってゆくのは私自身で、世界は何も変わっていないのかも知れない。


大学の友人から同窓会のお誘いがあった。
起業して成功した奴で自宅のガレージには車が4台も止めてあった。

学生時代から遊びの天才だった。
きっと奴にとっては仕事も遊びの延長なのだろう。

私は娘の結婚準備と土曜日が仕事なので出席できそうにない。
同級生は殆ど役職に付き出世しているが、私は社会復帰がやっとこさだ。


本当に私の人生は山あり谷ありだが、悪くなかったと思う。
優秀な子供達にも恵まれて生きてきた甲斐が有ったと思います。

どんなに親が地位や名誉や財力があっても、子供に恵まれなければ何にもならない。
これは健常者でも全く同じ事。

子供はある程度の環境が揃っていれば勝手に育つもの。
それ故に障害を持ったお子さんを抱える親御さんの苦労は相当のものでしょう。

だから私はこの様な今の自分の環境に感謝しなくては成りません。

妻と私とで子供達の発病は何としても防がねばなりません。

私に残された最後の仕事だと思っています。。。



鳳 凰 殿


↓ポチっと応援お願いいたします!↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

izcmkiy@outlook.com

私の最後の仕事 | もう一つの OneNote
zvtyjdwgqs http://www.gpa90klgyc61dcj44137x301wo121ba9s.org/
[url=http://www.gpa90klgyc61dcj44137x301wo121ba9s.org/]uzvtyjdwgqs[/url]
<a href="http://www.gpa90klgyc61dcj44137x301wo121ba9s.org/">azvtyjdwgqs</a>

2017/03/25 (Sat) 07:52 | zvtyjdwgqs #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

Re: 親の有難さ


鍵コメさん、今晩は。
多分家の妻の性格は鍵コメさんと似ています。

いつも明るく、家族を元気にしてくれます。
真っ直ぐで、正義感が強く、思慮深い人です。

子は鎹と言いますが、本当に我が身よりも遥かに大切な存在です。
先ほど娘が残していったアルバムをチラッと見ただけで
胸が締め付けられてしまいました。

家族の幸せは自分の幸福。
鍵コメさんの夢がいつか叶うと良いですね。。。



2012/08/27 (Mon) 22:11 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/27 (Mon) 17:42 |  # |  | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント