Post

Prev   

公開、非難コメント

あなたは自覚が無いだけで同じ様な事を様々な人に行なってきたのですよ。

全く悪意でブログを綴った事はありません。
ただ家族を守る炎上の戦い以外は。

その人達は「二度と私のブログに近づくな!」と思っていたでしょう。

私の記憶では当てはまりませんが、人の気持ちは計り知れません。

いくつのブログを潰しましたか?

誰がどのブログを潰したのですか?
具体的に教えて下さい。

何人の人を嫌な気持ちにさせましたか?

嫌なら見なければ良いだけでしょう。
ブログの表現は基本的に自由です。
行き過ぎたらただ削除処分になるだけです。

因果応報という言葉を辞書で調べて下さい。

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。
もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。
現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。
「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

鍵コメさんも行き過ぎの部分があるのでしょう。

勉強不足ですね。私は躁うつ病も回復し、社会復帰して幸せな家庭で恵まれた生活をしています。
残された精神病患者さんの苦悩も因果応報ですか?
人為的悪意の対象になったり、集団いじめで自殺する子供やその家族も因果応報ですか?

しかし、何もなく人から悪しき事をされるのは自分の行いに原因があるのではないでしょうか?

いいえ、そんな生ぬるい考えでは誰も守れないし、自分も守れない。
そんな受身の人生で、私はリアルでもブログでも戦って来た訳ではありません。

もう一度人の気持ちを汲み取れる繊細な気持ちを考えていただければ幸いです。

あいにく私の最大の欠点だと自覚しています。憎まれっ子世に憚るってやつです。。。



鳳 凰 殿


↓ポチっと応援お願いいたします!↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 社会復帰へ
にほんブログ村
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村
関連記事

Comment

kqcbtri@outlook.com

公開、非難コメント | もう一つの OneNote
<a href="http://www.gdw6l5idstr1294tr22556p05u1j4n7is.org/">avnphdexsv</a>
vnphdexsv http://www.gdw6l5idstr1294tr22556p05u1j4n7is.org/
[url=http://www.gdw6l5idstr1294tr22556p05u1j4n7is.org/]uvnphdexsv[/url]

2017/03/24 (Fri) 10:07 | vnphdexsv #EBUSheBA | URL | 編集 | 返信

オリーブ様へ


お早うございます、オリーブさん。

真実を理解しようと努力しないと暴走は止まりません。
まして躁転換しやすいカテの方は執拗で粘着質な方が多いです。

私がシナリオ通りに炎上騒ぎをすり抜けて、幸せそうなのが憎いのです。
たかがブログに依存され、嫌な思いをさせておとしめる。

果たしてその方々に病状の回復の機会が訪れるとは私には思えません。
確かに不幸で可哀想な方々です。

しかしまだ憎きフウランに嫌な思いをさせて蜜の味を味わおうとしている方に
ご自分が恥をかく事を覚えておいて頂きたい。

アクセス追跡までしませんが、私のブログには関わらないで下さい。
ご存知のように私はやる時はやりますので真実を捕まえてからコメントして下さい。

一記事で140拍手を瞬時に頂けた基盤が既にあります。
私は本気で躁うつ病の回復のプロセスを模索しているのです。

オリーブさん、人と不幸比べ何てしなくて良いですよ。
オリーブさんはそのままで信念を通せる方です。

結果がどうであれ、私は近い将来幸せになる権利を既に持っていると思いますよ。。。


2012/07/19 (Thu) 06:57 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

NoTitle

そうですよ。

みのさんは、もう何もおっしゃられてないんだし

いいじゃないですか?

いちいち暇な人がいるものですね。

わたしより、不幸な人いるのですね。

かわいそうです。

わたしも、今は不幸だけど、幸せになりたいので

他の方をおとしめるなんて、絶対にしません。

2012/07/18 (Wed) 23:33 | オリーブ #eyq0fUPU | URL | 編集 | 返信

Re: 鍵コメに関して エンリコ様へ


お早う御座います、エンリコさん。

某ブログ主に関しては躁状態であることを解っていながら「甘えているのでは」と言うタブーを犯した。
私の独りよがりの諫言が悪意に取られ、心よりの謝罪も許してもらえませんでした。

友達と誤解していた否は私の方にあり私も深く傷つきました。
炎上騒ぎはもう半年前の終わった話。

しかしこうして火種はまだまだ在るのです。

どんな理由が有ろうとも某ブログ主には悪いことをしてしまった思いと
もう関わってはいけないと強く反省しました。

幸いである。悩める者は。なぜなら慰められるからである。。。
精神障害者は時として真実を理解できず、集団リンチで相手を殺しても良いと言うトランス状態に入る。

その戦いの中の一言一句を根にもち、未だに粘着質に悪意を持って関わろうとする。
嘆かわしい事に躁うつ病の病状は悪化し、人間性もひねくれて行きます。

いろいろな人や患者さんや病状を抱えたカテだけに
時として細心の注意を払って記事を綴る必要が有りそうですね。

エンリコさん。忙しいのに擁護して頂き有難うございました。。。





2012/07/18 (Wed) 07:34 | 鳳 凰 殿 #- | URL | 編集 | 返信

鍵コメに関して

風蘭さんおはようございます。

やれやれ。
まるでマーラーの交響曲5番第4楽章「アダージェット」のように絃が穏やかに、静謐に流れてきて、時が過ぎ、過去の波乱も少し回顧的に表現してみる。そんな曲が似合うような人生の最良の時を迎えようとしているときに、風蘭さんも大変な言いがかりを受けたものですね。

鍵コメさん!もし、読まれているなら理不尽なことを言うのはもうよしてください。

炎上騒ぎがあったらしいとき、(私はちょうどブログの世界から離れていた)みのさんのブログが風蘭さんの言葉が原因で休止した。それを口実に寄って集って風蘭さんと意見の合わない多くの人たちが理不尽なバッシングをやったように思う。まるで集団リンチのように。
私の記憶に残るところでは風蘭さんがらみでブログの休止があったのはこれ1件のみです。

みのさんの場合は遅かれ早かれ誰が相手であったとしてもああなったと思います。
いつも神経がピリピリしていて、私も数度、罵声を浴びせかけられ、生身の躁鬱病患者として耐えられなくなり縁を切った経緯があるのでよくわかります。

これはみのさんに対する誹謗中傷ではありません。できるだけ客観的に書いているつもりです。

みのさんに関して言えば、昨年の7月頃から彼のブログに訪問し始めたのですが、そのころの印象は鮮やかでした。どのように鮮やかかというと。

私はブラームスのドイツレクイエムが好きですが、ここで取り上げられる聖書からの詩と曲と、みのさんの画像と文章が非常に合ったからです。
ブラームスのドイツレクイエムはモーツアルトやフォーレ、ヴェルディのラテン語によるカトリックの典礼用(ラテン語詩は同一、順番の入れ替え、取捨選択などが多少ある、グレゴリオ聖歌などとも基本は同じ)の詩とは全く異なり、幼い頃から聖書に親しんだブラームス自身が気に入った聖書の一節を自由に選びだし、曲をつけたものです。母国語の(ルター語訳)聖書による詩なので、「ドイツ」レクイエムと呼ばれます。
Selig sind , die da Leid tragen , den sie sollen getröstet werden .
幸いである。悩める者は。なぜなら慰められるからである。
(マタイによる福音書 第5章第4節、、、1曲目の冒頭)
曲の冒頭、静かに、静かに始まる。雲が開かれ、光のカーテンが垂れる。オーロラのように。天上から声が響くような感じ。Selig sind .

Siehe , ein Ackermann wartet auf die köstliche Frucht der Erde und ist geduldig darüber , bis er empfahe den Morgenregen und Abendregen . So seid geduldig .
見よ。農夫が待っているのを。大地の尊い実りを、朝の雨と夕べの雨を迎える時まで、それを耐え忍んでいる。だから忍耐しなさい。
(ヤコブの手紙 第5章第7節、、、第2曲の中盤)
やがて、木立の中、雨宿りして、次第にうっすらと日光が小雨を通して射すような感じ。

みのさんのブログからは、当初このような印象を鮮やかに受けました。
が、次第に当初のみのさんとは思えないくらいに躁鬱の波が激しくなってきました。

洪水をいかだのようなものにのって流されてくる夫婦がいる。妻のほうは絶えず呆けたように泣き笑いのような笑顔を浮かべている。主人の方は大きな黒い犬である。誰が救助の手を差し伸べても吠えるだけである。彼らはどんどん流されていく。そのような光景が浮かんできました。

そんな漂流感覚に耐えられなくなって私はあのブログから離れました。

風蘭さんは間が悪かっただけです。
よく事情を考えてコメントしてください。

2012/07/18 (Wed) 05:27 | エンリコ #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  
非公開コメント