Recent Post

お礼に 意外な お雑煮 お歳暮

みなさま 本年は色々とお世話いなりまして (人''▽`)ありがとう☆御座いました御座いました~☆彡 そうなんですよ 奥さん! これがお雑煮です ?お正月が来たら ご披露 いたしますね~では みなさまの益々のご健康を祝して~三 三 七 拍子 ~ !!!はい!                                   もひとつ!           &...
Read more

短編小説 ”モズク蟹の藻屑” 今を生きる

自由を奪い。拘束して、訴えを黙殺し、問題行動を虐待で押さえつける。此れが介護の現状だ。黙って、おとなしくしていることだけを強制する。ボケたご老人は、心もボケていると思っているようだが、どっこい、しっかり観察されている。扱いが酷いことに反抗して、問題行動を繰り返すんだ。どうして人間の尊厳を、理解しようとしないのか。金の道具ではない。「さあ、お兄ちゃん、歌って、歌って。」「いいわ~お兄ちゃんの声。しび...
Read more

短編小説 ”モズク蟹の藻屑” 蝙蝠

「あれ。なんだろう。」さも、悲、悲、カナと聞こえる、蜩の輪唱が幻聴のように鳴りやまない、お墓参りの帰り道。友達の暖かな家族の住む家に差し掛かって、トタン屋根の下の蟻地獄の円錐の砂の中で蠕く、茶色の小さな物を見つけた。傍によって、見てみると、耳の大きく尖がった、鼴か何かの子どもだった。「お父さん、これなあに?」「ああ、イエコウモリの赤ちゃんだよ。」「わあ、本当に?あのいっぱい飛んでいる、吸血鬼の赤ち...
Read more

復讐の黒き闇へと堕ち行ku心     亞 heart falling to the black darkness of revenge

                              誰                が             知      る               と                    い           う                                              の か     ...
Read more

Things that I am always thinking

 It is strongly growing day by dayThere is a big resistance to writing private things in blog postsBut there are things I have to tell youSo it is OK to be glad if it is annoyingWe will list several articles"And she to the epicenter""Countdown of the destruction of humanity""Scenario at the end of the century""Emergency warning issuing""compass"The things these stories say is the truthThere i...
Read more

常日頃 考えている事柄

日増しに強く 大きく成っております私的な事柄を ブログ記事に綴るには大きな抵抗がありますしかし 如何しても伝えなければ成らない事がありますだから 世迷言だと一瞥されても構いません幾つかの記事を羅列いたします”そして彼女は震源地へ””人類滅亡のカウントダウン” "世紀末のシナリオ""緊急警報発令中"“コンパス”これらの記事が語る事柄は真実です時系列的に見ても矛盾は有りません予言ではなく 客観的分析による予告で...
Read more

リピート致します ”そして彼女は震源地へ” 関東地区にお住いの方々へ

激しい揺れにより、鳥取市の中心部は壊滅し、古い町並みは全て失われてしまった。木造家屋のほぼ全てが倒壊した一方で、五臓円薬局ビルなど鉄筋コンクリートの建物は比較的持ちこたえた。家屋の全壊率は80%を超え、特に千代川と袋川流域の沖積地質の地域での被害が突出していたが、これは湿気によって家屋の土台が腐っていたためとされている。夕食の準備中だったこともあり、地震後には、市内16ヶ所から出火。水道管が破裂すると...
Read more

困惑するデカルト 北叟笑むニイチェ

フリドリヒ・ニイチェの世界の中には あらゆる苦悩が包括されている耶蘇と同じく ニイチェもまた自己が人類の殉教者であり 新時代の新しいキリストであることを自覚していた彼こそは新しい時代の受難者 耶蘇キリストに間違いはない彼ほどに 矛盾を多分に有した複雑の思想家はなく 人間心理の秘密を切りひらいた哲学者はない深さは地獄に達し 高さは天に届くいかなる人の自負心をもつてしても 十九世紀以来の地上で 彼と競...
Read more

短編小説 ”モズク蟹の藻屑” 四度目の卒業式

ネット情報によれば、人類の進化の謎や、秘密を調べる事が出来る。インドでは70歳の女性が体外受精して、出産したという。 夫は80歳、世界で二例目だという。まったく驚きだ。脳を育む「親子のルール」 だって。。。未熟な脳で産まれるのは人間だけなんだ。「激しい人見知りは、母親の負担を増し、負担を掛けます。」 そうだよなぁ。「父親にも人見知りが、生後半年間続きます。」 お父さんも、さぞ苦労したんだろうな。「幼児...
Read more

短編小説 ”モズク蟹の藻屑” 拓哉

「僕は、介護福祉のあり方を根底から見直す必要があると言いているのです。」「箱を作って労働力だけを求めるのではなく、介護のプロとなって、質を高めれば、自然と優秀な人材が集まるのでは無いでしょうか。」質が伴わない介護ザービスの犠牲に成り続けている利用者さまを見ていた。現場の悲惨さに失望して、二度と介護の仕事は嫌だと転職して行く志高かった若者たち。其れでも尚、待期老人は50万人に上っている現状がある。だ...
Read more