Recent Post

仕事納め

今日は仕事納め「よいお年を~。」社員に挨拶をして駐車場から会社を眺めるKENT一本吸ってからべクトラに乗り込む昨日は介護の仕事納め お爺ちゃんお婆ちゃんとの暫しの別れ理解者がどんどん増えてゆく 現実が変わってゆく会社も変わってゆく 新しい会社も出来るやれることをやったらこうなった振り返りはしない 未来の自分も想像しないそんな連休は とても居心地が悪い家族と離れる選択を取った事は正解だった新たな出会...
Read more

何もない休日

12月の雨が好きです空気が凛と澄んで 浄化させます久しぶりの休日何時ものように炊事洗濯 これも好き戦士の休息 何も戦わない日やりたい事が見つからないので TVでYouTubeのヘビーローテーション冬は小鳥が多く来ます 鶯 目白 百舌 啄木鳥鳥の餌やり場は雀でいっぱい 姫りんごの実や水仙の蜜を目白が吸います愛らしい鳥たちは どうして逃げないんだろう動物はどうして健気で可憐なんだろう 残酷な世界は美しいと...
Read more

アドベント・カレンダー

キリストは何故蘇ったのか それは12月25日ではなかった布教に利用された聖書は 戦争に利用される 十字軍の進行 巨神兵の降臨原爆の投下 生態核実験の強行 歴史を辿れば人間の本性が解るどんな宗教でも極めれば略 同じ原点に到達する 哲学を生かして実行してこそのみその意味を持つ生と死だけを論ずる宗教とか哲学には何の意味も無い 人生の邪魔者なだけだソフィーのもとに奇妙な手紙が届くあなたはだれ?世界はどこか...
Read more

タンポポの綿毛

長崎では 桜が狂い咲きしていますぽかぽか陽気で お婆ちゃんを車椅子でお散歩素敵な時間を有難う御座います 原爆の体験は必ず伝えてゆきます時々支離滅裂だけど ちゃんと伝わっていますよ最近 職員がよく働いているそうだ 満足げなお婆ちゃんもっと言いたいこと したいことを我慢しないで 遠慮しないで生きて欲しい多くの体験を経てこられたんだから 人生の花はこれからだから 幸せに暮らしてくださいお爺さんのクリスマ...
Read more

それで現実的に何がしたいの?

もしも 我が子や肉親が惨殺されたら どんな感情が沸くでしょう相手を殺してやりたい 仇討ちしたい 罪を償わせたいこのような感情を持たない 相手を理解して受け入れる正義感自体を否定して 見ないこと 聞かないことにして のうのうと生きてゆく小さなコロニーで小さな傷ついた人達と傷を舐めあう 安堵する そのコロニーでは もっぱら社会批判だけが流行る 考えている振りをするひ弱な自分を鍍金で覆い 自分だけを守る...
Read more

すべての生きとし生けるものために

もしも 人が自分の属するコミュニティーの中だけで他のものに全く依存しないで 満足と充足を得ることが可能だとしたならば 世界の中の他のコミュニティーと全く関係を持たないでいられるならば偏狭な心 人種差別などの謝った観念も成り立ちえると主張することができるだろうすべての生きとし生けるものがいる限り そしてまた多くの人が苦しんでいる限り私はここに残ってその人たちのために戦い続ける...
Read more

世界は なんて 素晴らしい

世界は なんて 美しい...
Read more

少年の心のままに

若いと言うことは それだけで素晴らしいものだと思います好奇心に満ち溢れ なんでも吸収できる 時間がたつのも忘れ あっという間に一日が終わるクリスマスが待ち遠しくて 正月なんてお年玉で頭がいっぱい春休みや夏休みのことを思うと胸がいっぱいになる希望に満ち溢れているんですね 不安はあるけど生きる喜びの方が大きいこの子達の未来を託されているのは今の現役の大人たち ちょっと危っかしいねなにを伝えたいのか 学...
Read more

RE 私おこってます

年を取って来ると 質の良いものを身に着けたいですね生地の仕立ての良い服は 若者では着こなせません白髪だって男の勲章 ジェントルマンで在り続けたいという美学があります持ち物も陳腐なものは似合わなくなりましたこれって お金の問題じゃあないと思います 意識の問題ですお金が無いからといって 身だしなみを疎かにすると侘しい老人になります自分に似合ったものは なかなか探すのに苦労したりします上品なジャケットの...
Read more

人魚の涙

ゆかり という名前をいただいてからあなたに憑依することに致しました人間の女性として 毎晩あなたのおそばへ参ります添い寝して 慈しんでくださいませ                       金魚売り子に ご指名いくださりまして楽園で暮らさせて頂いておりますどうか あなたさまのために 癒やさせてくださいませゆかり は一時も離れませぬあなた好みの 女になりますお望み通りの行為をいたしますご迷惑はお...
Read more