Recent Post

スポンサーサイト

Read more

新しい世紀

新しい世紀意外にも、乳白色のプラスチック製の波をうつ屋根の下での KENT も、悪くない。時々隣りに座る女子から声を掛けられる。「一本貰っても良いですか?」ライターで火を付けてやる。2人の煙。運動場でゲートボールを楽しんでいる患者さん達に、陽炎。「DVなんです。此処が逃げ場所で~す!」明らかな躁うつ病の躁転時。「日記を付けると良いですよ。」「ボールペン、禁止になったんです。」県立は北海道の惨劇を教訓にし...
Read more

35 years ago

35 years ago処女の純潔を求めて、実用的なものに教育をしたつもりだったけど罪悪感を感じる前に、本格的な堕落の路を突き進む彼女は果たして、私に好都合な女になったのだろうか?日進月歩、より良きものを求める為の生き方を覚え、彼女は輝いていた。小悪魔で、淑女で品格がある笑顔を投げかけられる度に本当に恋に落ちてしまいそうで、戸惑ってしまう。性癖も、私を押しのけておいて、勝手にイクな。あれが最後の恋だったのかも...
Read more

お仕事しましょ 。・:*

高齢化はサービスを必要とする人口の増加と、サービスの担い手であり税・保険料負担の大きい若年世代の人口の相対的減少を意味し、増加する一途の費用をどこに求めるかが課題となっている。2000年度には介護保険制度が発足し、老人介護は公的社会保険によって行うこととなった。この背景には、核家族化により要介護老人を嫁ひとりが世話をしなければいけない状況や、独居高齢者で介護する親族が近隣にいないなど、家族や親族の介護...
Read more

生 き る

生 き る「生きる目的」 こそが、退屈な時間を生きている証。退屈がなければ、心の闇の侵食は存在しない。虚無の腐敗した膿の傷口を与えられる為には無駄な思考を費やす十分な時間を浪費させなければ成らない。明日の命を切望している者に、精神を崩壊させる事は出来ない。戦場の銃弾は精神の傷を与える物ではない。病んだ時代に、美しくも充実した戦争を仕掛ける者は哲学を持たない信仰よりも強い平和を具現化してゆく闇からの帰...
Read more

ハロウィン・ナイト

ハロウィン・ナイト古のケルト人の一年の終りは10月31日。この夜は死者の霊が家族を訪ねてくる。私の家族はサクラだけに成ってしまった。精霊や魔女からサクラを守り、魔除けの焚き火を焚こう。自然を崇拝して、いくつかの福音に耳を傾けよう。サウィン祭はもう懲り懲りだ。太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まると、悪い女の妖精を招き入れる。この世と霊界との間の見えない門を開けるんだ。厳粛に、この共通の世界で交わ...
Read more

プレゼント

プレゼント極寒の地で、凍えて倒れている旅人と出会った。私はカシミヤのコートを羽織っている。このコートを半分に切り裂き、包んであげたいと思う。しかし、私も凍えて死ぬかもしれない。私には沢山の夢がある。そして、その夢を叶えるだけの力も有る。世界の人々を救う事が夢だから此処で死ぬ訳にはいかない。だから、コートは脱げない。否、ただ一人の人間を救うことさえ出来ない私には世界の人々を救える訳がない。思う存分に...
Read more

カッコウの巣の上で

カッコウの巣の上で歩道にも、お隣さんの庭にも遠慮無しに生い茂る我が家の大木。この恵みのお休みの宿題の一つに、彼の剪定がある。しかし、あまりの大きさに躊躇していると、お隣さんが「立派な木ですね~。何と言う木ですか?」 と聞かれてしまった。「名前は知りませんが、落葉樹です。ご迷惑をお掛けしないうちに剪定します。」思わず言ってしまった。宣言までしてしまった。追い込まれた。キッチンから、高足の椅子を彼の下...
Read more

午前8時の幸福論

午前8時の幸福論目覚めたら、少し頭が  い・た・か・っ・た 。 。 。美味い玉蜀黍だったから、甘く見てたんだ。絶好の洗濯日和。群青の空に飛行機雲一つ。これ幸いに、庭の模様替えをしようじゃないか。刈った枯れ草を、大きな5つの山にして、煉瓦や日除けシェードを苦心するんだ。少しだけ、JAZZY な音を響かせて、サクラと煙草で陽なたぼっこ。なんで、枯れ草は天日に干すと、哀愁漂う素敵な断末魔を上げるんだろう。稲...
Read more

ありあまる富

ありあまる富土日の休日に介護の仕事を入れてしまったので、お休みなんて全く無かった。でも、調度良いバランスで精神が鍛えられるから、本当に正解だったと思う。自分を律する事は、人一倍難しいことだから、敢えて追い込むんだ。多くの人様の為になり、喜んで頂ける仕事が出来るだけで、本当に有り難いもの。不安定に見えそうな自分の心の軌道修正は、どれだけお役に立てるかを実行する事で良いと思う。此処のところ、苦労なんて...
Read more

ケルン・コンサートの夜

ケルン・コンサートの夜15W の花びらのランプシェードに幾つかのガラス細工が乱反射している。温かい光一つでの夕暮れの魔法の様なリビングの中でサクラは不思議そうに NEO:6N のサラウンドに聞き耳を立てている。いつの間に JAZZ が理解るようになったんだろうか。今日は副業の介護の仕事の給料日。いつの間にか正社員扱いをされていて、その金額に目を疑った。だから、今宵はお気に入りの深い青の民芸グラスでバーボン...
Read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。