Recent Post

秋晴れのフロントガラス

おいでおいで~こっちだよ!サクラとまた散歩させてくれた。30分だけ癒された。。。そのあと少し今後の事を妻と語り合った。勝手な断薬とネット依存でもう愛情は無いとキッパリと言われた。出費の内訳と割り振りについてメモを渡された。こんなんじゃ食ってけやしない!!!冗談じゃない!玲子はどうかしている!娘ばかりを頼って息子と自立さへ考えていない。私はマンションの敷金は借たが返す目どがある。何処まで落ちぶれてゆ...
Read more

一人の生活

主人無き我が家のサクラや風蘭は一体如何しているのだろう。一人暮らしのマンションにも道具が揃って来た。観葉植物も窓辺に飾った。窓越しの太陽光で酸素を発生してくれる。初めてコインランドリーに行った。多くの若者とオジサンがくたびれて待ちわびていた。私が戸惑っていると、オジサンが色々と教えてくれた。如何にも人が良さそうな方だった。お礼に缶ビールを買って戻ったら、もうオジサンは居なくなっていた。きっと私と同...
Read more

命なんて百回焼いても良い

長崎に帰っても行く宛なし。ホテルの予約に時間を費やす。虚しい時間が過ぎてゆく。佐賀の仕事は大成功だった。携帯で妻の玲子に連絡をしてみる。余りに迷惑そうで、気分を害した。もう、駄目かもしれない。。。余り深く考えると病状にも触るし、仕事も出来ない。そ知らぬ顔で、クライアントと商談する。いったい私は何がしたいのだ。。。今日は新しいマンションを借りた。2LDKの洒落たやつだ。辺りを徒歩で探索してみる。コイ...
Read more

長崎に帰ろう

  佐賀出張二日目の朝。 昨晩は仲間たちの励ましに胸が熱くなった。 誰もが「きっと上手くゆく」と声を掛けたり、歌ってくれたりで 大いに盛り上がった。こんなことを綴ると、妻はまた機嫌が悪く成るだろう。 マンションの引っ越しを長崎に帰ってから早急にやらねば成らない。 今日は何処に泊まろうか?トホホである。。。 でも佐賀での仕事も順調でいい結果が残せそうだ。 今日も一日頑張って、長崎に帰ろう。。。 ♪ REMpr...
Read more

強制入院覚悟の診察

  9月9日の診察は困難を極めた。 まず、入院になる可能性があった。 妻の玲子は否定したが、主治医は電話で言葉を濁した。 つまり、その場で玲子を説得してまで入院をさせたかったのだ。 病状とは関係なく「医者の言うことを聞かないと、こうなるんだ!」 と言う実力行使だ。言語道断である。 廊下に出てもらい立ち話で主治医に確約を取った。 玲子の鬱病が酷い事、私が薬物なしで安定していることを告げた。 家を追い出さ...
Read more

娘からの電話【最後の選択肢】

娘からの電話【最後の選択肢】私は医師としてお父さんの入院を希望します。出来ればお母さんの鬱病の為にも今月中に早めにお願いします。デパケンは易怒性には良い薬です。体重増加と肝機能障害の副作用はありますが、メジャートランキーライザーほどの副作用はありません。今のままではお母さんの離婚の意志は固いんです。明日の受診を受けてください。その場では仕事の影響があるので入院は直ぐには出来ないでしょうから、会社の...
Read more

潜んで

    私はホテルと職場を往復生活をしている。 通帳とクレジットカードを作り、賃貸マンションを探した。 保証人はイカリヤ社長と女医の娘になっら貰った。 実家の母に相談すると、相変わらず災難を持ち込むなとあっさりと断られた。 自分の事で精一杯と言う持論は83歳にもなっても変わらない。 私は母性を知らずに育ってしまったのだ。 夕ご飯は決まって牛丼を食べた。 ワインとビールは纏め買いしておいた。 とにかく...
Read more

口論

丘の上の病院を脱走してから、家に戻ったが、妻の玲子の表情は険しい。「貴方は3度も私達家族を捨てたのよ。」「初回の躁転時の離婚騒動、そしてサイレント躁による初恋の人を追いかけて 隠岐の島までの逃避行。」「最後に治療を止めてしまって我が道を突き進んだのよ。」「如何して安定を保ちながら断薬をする事が裏切りに成るんだい?」「残念ながら100%躁転するわ。」「そんな危なくて怖い人と一緒のは住めないの。」「十...
Read more

国道を南へ走れ!

平成25年9月3日  診察日 AM11:30天候  雨発病47歳から7年目  寛解状態維持3年目断薬からの完治状態2ヶ月目現在処方薬 エビリファイ120mg/day四日間経過   安定傾向副作用    ろれつが回らない。涎が出る。寝つきが悪い。希望事項    投薬の中止主治医イワク:入院を視野に入れて検討する必要があります。まだ十分な量のエビリファイではなく、240mg/dayまで投与したいと思いま...
Read more

ごあいさつ

ごあいさつ何時も格別なご愛読、有難う御座います。此の度にて、【B1病棟@】は見事に最終章となりました。紆余曲折のブログでは有りましたがこれまで4年と言う月日を綴らせていただけたのも読者様のお陰だと感謝いたしております。先ほど家族会議に置きまして私は別居いたす事となりました。心の病の闘病は時として肉親さえ傷つける事になります。私は今後もNPO法人での精神病撲滅運動に参加してまいります。私の病気の「躁...
Read more