Recent Post

スポンサーサイト

Read more

座敷わらし

我が家には時々「座敷わらし」が現れる。娘のプレゼントの富士山ビールカップも姿を消した。皿やコップなどどんどんひび割れ無くなってゆく。通帳の束も買い物の惣菜も何処かへ姿を消してしまう。オペルのリアも凹んでしまった。でも毎朝二人分のお弁当が出来ている。煙草を吸いながら携帯アプリにハマっていても菅野パクトが無くなったと催促されても家計を支え、塾をこなし、愛情を絶え間なく注いでくれるくれる、無くては成らな...
Read more

蝉 し ぐ れ

暑い日が続きますね~。でも夏が大好きな 鳳 凰 殿 です。海も山も生命の輝きに満ち溢れています。しかし生まれて来た生命は例外なく死へ向かって歩み出す。動物でさえ必死に弱肉強食の世界で生き抜き、生命を全うするのに、なぜ人間は悩み苦しみ,その命を自ら絶つのでしょうか。日本だけでも年間3万人以上の人が自殺により亡くなられています。その精神状態はきっと私が経験している躁うつ混合状態に発作的に成るのでは無い...
Read more

さようなら~ただいま

はなから想定していた通りに成った様です。私を快く思って居ない「2月革命」の加担者の方々は、ただシカトをするだけなんですね。真実が解れば正義の魔女狩りを正当化出来ない事くらい理解できるでしょう。このカテの現状が手に取るように解りました。私の呼びかけにも手を握り返して下さる方もまだ見当たらない様です。まあハプニングも無く、平和に終われた事に感謝しましょう。私にとっては大きな賭けでしたが、得るものも有り...
Read more

感情と心とは

私の闘病も7年目に入り、漸く希望が持てる様に成って来ました。家族環境や主治医にも恵まれて幸運だったと思います。躁転を繰り返し、一家離散の危機まで有りました。それでも黙って病気に呑まれてゆく自分が許されず、ある決意を持ちました。精神の病気なんだから、自分の精神を鍛えれば前向きに生きられるかも知れない。しかしそれが出来ないから精神病かも知れない。どちらにしてもやってみて損は有りません。しかし想像を絶す...
Read more

色 即 是 空

妻にも罵倒されています。躁鬱カテには病状に触るから移行するなと言う約束を破ってしまったからです。正直だけど上に馬鹿が付き、誠実さに欠けているから人の気持ちが解らない。貴方が成すべき事は家族を裏切らないこと。そんな事も出来ない人が患者さんの力になんてなれっこない。その通りかも知れない。私はただ奢って居るだけなのだろうか。回復過程にさえたどり着けない多くの患者さんの記事を拝見すると私がどうこうするべき...
Read more

躁鬱カテにもの申す

さてと、お初にお目に掛かられる方、社会復帰カテの 鳳 凰 殿 です。お馴染みの方々、戦々恐々と身構えないで下さい。今、話題のイジメ問題に端を発して思うことが多く、自分に出来る事はまだ十分に有ると言う心境で躁鬱カテに暫く移行しようと決意しました。卒業宣言も何度かしておきながら、おかしな話ですが、同病者としてほっとけない心境に成りました。私の口癖は、「一人でも良いから共に回復過程を歩みましょう。」です...
Read more

問いかける

ちょっとお邪魔します。。。鳳 凰 殿↓ポチっと応援お願いいたします!↓↓↓にほんブログ村にほんブログ村...
Read more

躁うつ病1型ラピットでの初めての処方成功例

一ヶ月ぶりに妻と丘の上の病院まで受診に行って来ました。相変わらず小太りで、猫背の患者さんに混じってスーツ姿とシルクの上等なワンピース姿の妻はこの苦渋に満ちた空気の待合室では異次元の存在に見えるでしょう。妻と私は各々精神障害を患っていますが、私が原因で発症した妻の鬱病は見る見る改善しています。躁うつ病1型のラピットサイクラーの私も社会復帰をして5年目に成り、3度目の会社で漸く相性が会いました。仕事は...
Read more

蘭心竹生を貫き通す

テレビを見ていてハッとさせられる言葉が有りました。「蘭心竹生(らんしんちくしょう)」という言葉です。この言葉は中国の言葉で「蘭のような華やかな心を持って竹のようにまっすぐに生きる」という意味らしいのです。吉川晃司さんのエッセイに出てくる如何にも男っぽい言葉です。私は 鳳 凰 殿 と言うHNを使っていますが、これは風蘭の中でも最高品種の一つです。実家に一株ありますが、何百万と言う値が張るものだそうで...
Read more

神様の方程式

お早うございます、休日なのに少し早朝覚醒気味の 鳳 凰 殿 です。本当にこの病気のバロメーターは良質な睡眠ですね。明日は4週間ぶりの診察日です。軽い鬱が一回とニュートラルと軽躁が何度か。この分じゃ主治医から「ほら言わんこっちゃない、増薬しましょう。」なんて言われそうで怖い。まあ、あの優秀なドクター達は、はなからこうなる事が解っていたのでしょう。私が頑固に減薬希望するから少し痛い目に合わせるのも治療...
Read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。