Recent Post

スポンサーサイト

Read more

働きすぎても

明日は私は休日出勤です。だから早めにブログを更新します。年度初めに納品する契約が4件有ります。だから4月のノルマは気にすることは有りません。社会貢献出来る幸せと充実感は何よりの安定剤です。どうして自分が此処まで回復出来たのか訳があります。まず、妻の手助けが無かったらとても此処まで来れなかったでしょう。そして真正面から躁うつ病を体験学的精神療法で精神を鍛えた事があげられます。精神の病は精神で治療する...
Read more

魂のお話

魂の汚れはどうして起こるのでしょう。其れは悪い感情を持って人と接する事だと思います。恨みつらみ、執着心、陰口、裏切り、集団暴行、妬み、幼稚な自己中、被害妄想。。。これらを表現するのは決して勇気ある行動ではなく愚かな行動である事を肝に命じる必要があります。時間が経てば笑われているのは自分自身だからです。醜く変貌した精神で何が出来ると言うのでしょうか。魂とは脳みその働く癖の様なものです。一度悟って良い...
Read more

葬儀にて

大手クライアントのお婆さんの葬儀に行って来ました。92歳での大往生でした。とても大きな祭壇でお婆さんは慈しむ様な笑を浮かべていらっしゃいました。最近まで末期癌で苦労されておられていたと、喪主の理事長から挨拶が有りました。式場は香と菊の香りで満ちていて、より神聖な雰囲気を醸し出しています。浄土真宗のお坊さんが何度も何度も「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と唱えます人は皆、泣いてこの世に生まれ、その瞬間か...
Read more

人生平等の法則

人は生まれた瞬間から死に向かって歩み出す長いか短いか、太いか細いかの問題ではなくてそれは密度の問題だと思う生きてゆく為には其れだけの代償が必要です歳とともに罪も多く犯しますこのストレス社会の中では優しくて頭脳明晰な方が病んでしまいますこの事も代償だと悟れれば、まだ生きている意味が出てきますそれなりにどう一日を乗り越えられるのか乗り越えられなくてもどうにか生きているただ其れだけで徳を積み、きっと誰か...
Read more

イカレたオヤジ

昨晩はリスパダールを2mgと多めに飲んだお陰か、今朝は早朝覚醒もなく、ぐっすり眠れました。仕事は年度末となり、今日の方がより多忙となります。どうしても精神病の自分の体や精神状態のコントロールの方により重きを置く為に、仕事が疎かに成ることが有ります。そのことで、返ってストレスが増したり、解雇される恐怖を抱くことにも繋がっていて、負のスパイラルに陥ります。だから仕事が少ないよりも、多忙の方がまだ精神衛...
Read more

ブロガー魂

今日はもう駄目。仕事で疲れすぎました。体もフラフラ、頭もクラクラ。朝から晩まで何をして来たか思い出すことも出来ません。精神病の私が出来る許容範囲はとっくに超えています。後は薬を多めに飲んで寝るしかありません。今は本能でブログを更新しています。ではでは、今夜はこの辺で、お先に失礼いたします。。。鳳 凰 殿ポチっと応援お願いいたします!にほんブログ村にほんブログ村...
Read more

ジャガー

娘の結婚式は一つの節目です。その後について妻と話し合いました。私は仕事のストレスを避けるために仕事を辞めて治療に専念したいと言いました。ところがそれでは経済的に成り立たないので定年までは仕事をして欲しいと返されました。では仕事ができない私は存在価値のないただの精神障害者なのかと聞きましたがこれ以上養い続ける事は出来ないと言われてしまいました。お払い箱と言うことです。その後は離婚して自由に暮らせば良...
Read more

生と死と歓喜と

ついに娘の彼氏が我が家にやって来ました。スーツ姿で、お土産に高級シャンパンをぶら下げて。彼は以前見た時よりも随分精悍な顔つきになっていました。7kgも痩せたそうです。医者の仕事も体力勝負です。さぞ厳しく鍛われたのでしょう。「それでは、本題に入らせて頂きます。」唐突に切り出されて顔を見るともう汗だくだ。「娘さんとの結婚の承諾を頂きたいと思いお願いに参りました。」「はい、こちらこそ大変不束な娘ですが末永...
Read more

躁鬱カテからの卒業

ついにお別れの日がやって来ました。3年以上もお世話になった躁鬱カテです。皆様大変お世話になりました。お疲れさまでした、高岡みなみ さん。 貴方の中立的なお考えは評価いたします。 しかし炎上の助長目的で立ち上げられたBBSは今となっては不要です。 これを最後に私は躁鬱カテから完全に卒業します。 これ以上の火種を残す必要は無いのです。 議論で私とカテの皆さんとが和解するのが理想的ですが、不可能だと思います...
Read more

幸福な障害オヤジ

いよいよ明日になりました。娘の彼氏が結婚の承諾を貰いに我が家にやってくるのです。長崎地方は明日は晴天の様です。晴れの門出を二人は初めて歩み出すのです。どんな服装で来るのでしょう。緊張でまた額から汗が吹き出すでしょう。呼び名だってもう苗字では呼べなくなります。私の可愛い息子がもう一人出来るのです。娘も良い婿さんを選んだものです。将来は二人で開業医にでもなって、人々のための医療に貢献するのでしょう。二...
Read more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。